映画「最強サイボーグX」のあらすじと感想-K・キングのB級SFアクション最新作

最強サイボーグX
出典:YouTube

スポンサーリンク

最強サイボーグX

最強サイボーグX」は最強ゾンビ・ハンターのK・キング監督最新作で「マッドマックス×ターミネーター」の世界観が売りのマッドサバイバルアクション映画です。

またスマッシュヒットを飛ばした前作のスタッフ陣も集結し、前作を超えた”ノンストップ・アクション“、”とんでもない爆発量“、”マシンガンをぶっ放しまくる“など刺激的な映像が作られている作品となっています。

あらすじ

– 人類絶滅率99.99…% 殺人マシーン始動! –

過激で急進的な武器製造企業Xコープが、サイバーウィルスによって乗っ取られてしまい、ウィルスは様々な機械や武器に感染、暴走を始め、人類を破滅へと追い込み始める。

それから一年後、世界は死と破壊で荒廃と化していた…。

サイバーウィルスは残っている人類を全滅させるべく、生存者追跡用のがとリングガン搭載のドローンと人間と武器を合体させた最強のマッドサイボーグを作り上げたのだった。

生き残ったグループはウィルスの制御と生き残りを懸けて決死の反撃に出る…。

キャスト

監督・脚本:K・キング
製作:K・キング/ジョン・H・ヴァーゴ
撮影:ステリオス・ザンソス
音楽:クリストファー・デュッセ
出演:イヴ・マウロ/ダニー・トレホ/ロッキー・マイヤーズ/アンジー・パパニコラス/ジェイク・ストーモーン/アダム・ジョンソン/アラン・バーグ/ショーナ・ケイ
レンタル日:2016年7月2日

見どころと感想

ターミネーターとマッドマックスって面白いじゃん。って事はさ、それを合体させたら、もっと面白い映画になるって事じゃね。ついでにトレホも出てたら最強じゃね。最強サイボーグXじゃね。

…的な、相当しょうも無い内容の まごう事なきB級映画。

嫌いじゃないぜ、そういうの

だってさ、トレホが出てたら観るしかないでしょ。トレホだけは決して俺を裏切ら無い。そう、安定のトレホ。

しっかし、ほんとしょうも無ぇわ。しょうも無いんだけど、超真面目に作ってるし、超真面目に演技してる。頭が下がる思いだわ。真面目やってコレならしょうがない。

今作に色々と期待している人が居るかどうかは分かりませんが、ある程度 覚悟した上でご覧頂くのが宜しいかと。ハードルを下げておけば傷も浅くて済みますし、面白くは無いけどコレはコレでアリじゃね?ってなるかも知れません。

そこまでして この映画を観る必要が何処にあるのかと、そう考え始めたらやってらんねぇ、観てらんねぇ。広い心で楽しんで。

見どころ

■サイボーグX
妙に仕上がってるこの造形は一体何なのか?ハッキリ言ってカッコいい。それがちょっと悔しい。人間と機械が融合して?操られて?まぁ、その辺りの雑な設定は大目に見てやらない事も無い。

まとめ

かなり雑です。ハッキリ言って詰まらない。なんで、これぐらいの雑味は笑って許せるぐらいじゃ無いと観ていてつらいでしょうし、他の作品を観た方が時間の使い方としては正しいはず。

でもね、あるんですよね。その雑味の向こう側に、ほのかに感じる旨味みたいなものが。まぁ、勘違いかも知れんけどね。

自己責任でどうぞ。

最強サイボーグX
評価
★★★★★
2.6
こんな人に
↓おすすめ↓

・助けてぇ…、助けてぇ…。

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします