映画「エージェント・ウルトラ」のあらすじと感想-ジェシー・アイゼンバーグが魅せるアクション

エージェントウルトラ
出典:公式サイト

スポンサーリンク

エージェント・ウルトラ

エージェント・ウルトラ」は映画ソーシャルネットワークで圧倒的な存在感を魅せたジェシー・アイゼンバーグとトワイライトシリーズで知られるクリステン・スチュワート主演で放つR15+指定のアクションコメディ映画。

また「クロニクル」で世界中の映画ファンを驚かせたマックス・ランディスがオリジナル脚本を手掛けており、各界の著名人や映画館スタッフなど数多くの称賛のコメントが寄せられ話題となった作品です。

あらすじ

– ダメ男が覚醒!? –

片田舎のコンビニでバイトをしているダメ青年マイクは、一緒に住んでいる恋人フィービーとハワイ旅行に出て結婚を申し込もうと決意する。

だが出発の前にパニック発作を起こして旅行は中止に…。

ある日、彼は店に乱入してきた暴漢たちを無意識のまま瞬殺してしまう。

それを機に、マイクがCIAの極秘マインドトレーニング計画で育成されたエージェントであったことが判明する。

やがて計画の封印を進めるCIAから次々と刺客を放たれ、フィービーを誘拐されてしまう…。

キャスト

監督:ニマ・ヌザリデ
脚本:マックス・ランディス
製作:アンソニー・ブレグマン/ラジ・ブリンダー・シン/デヴィッド・アルパート/ブリットン・リッツィオ
製作総指揮:バディ・パトリック/ロバート・オグデン・バーナム/ジョナサン・ガードナー/レイ・アンジェリク/スチュアート・ブラウン/トム・ロック/ギオデン・タドモア/エヤル・リモン
音楽:マーセロ・ザーヴォス
撮影:マイケル・ボンヴィレイン
編集:ビル・パンコウ/アンドリュー・マーカス
出演:ジェシー・アイゼンバーグ/クリステン・スチュワート/トファー・グレイス/コニー・ブリットン/ウォルトン・ゴギンズ/ジョン・レグイザモ/ビル・プルマン/トニー・ヘイル
配給:ライオンズゲート/KADOKAWA
レンタル日:2016年6月24日

見どころと感想

出典:YouTube

これ観たかったんですよね。大して期待はしてなかったんですけどね。ジェシーはこういうの得意なんで、ハズしてもそこそこ観れるかなって。

内容はコメディですね。あんま笑えないですけど。

CIAのウルトラ計画がどうのこうのって、正直先が読めてしまう設定で、アホアホで冴えないジェシーがある事をきっかけにスーパーエージェントに覚醒する。

ふ〜む、急に強くなるのはカッコいいんですけどね。でも、ジェシー自体があんまカッコ良くないから、いまいち様にならないな。

ストーリーも真面目なんだか、ふざけてるんだか、どうにもどっちつかずで、個人的にはどっちかに振り切って欲しかったかな。

ただ、アクションシーンが多目なので、観ていて飽きちゃう事は無いと思います。何だかいまいち盛り上がらないストーリーなんですけど、まぁ詰まらなくはないですね。

見どころ

■ジェシーのアクション?
モッサいヤサ男が急にキレのある動きで敵を倒していく様は、カッコいいし爽快。そう考えてみるとジェシーだからこその作品なのか?

■ジョン・レグイザモ
素晴らしい存在感。今作は何気に脇役の俳優さん達が豪華です。活かしきれているかどうかは、また別の話ですが。

まとめ

クリステン・スチュワートを忘れてました。ん〜、彼女ちょっと受け口さんなんですよね。残念(失礼)。

DVDのジャケットはハチャメチャ・アクション・コメディって感じだったんですけど、なんかそんなでも無かったですね。とは言え、ぼちぼち楽しめる作品だと思うので気になる方はチェックしてみては如何でしょうか。

よかったらどうぞ。

エージェント・ウルトラ
評価
★★★★★
2.7点
こんな人に
↓おすすめ↓

・ジェシー好き

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします