映画「メモリーズ追憶の剣」のあらすじと感想-イ・ビョンホン主演のソードアクション

メモリーズ
出典:公式サイト

スポンサーリンク

メモリーズ 追憶の剣

メモリーズ 追憶の剣」は韓国史上第3位の興行収入を記録し、日本でも大ヒットした「王になった男」以来のイ・ビョン・ホン主演作となっていて、高麗末期を描いたソードアクション映画。

また「カンヌの女王」と呼ばれたチョン・ドヨンは初のアクション作品ということもあり、ジムで体を徹底的に絞って、最強の剣士役に挑んだ作品です。

あらすじ

かつて、剣術の腕次第で誰でも王になれた高麗末期、3人の剣客ユベ、ウォルソ、プンチョンは世を変えるべく最恐と謳われた3本の剣により反乱を起こそうとしていた。

しかしユベクの裏切りによりプンチョンが命を落とし計画は失敗に終わり、ウォルソはプンチョンの子と共に姿を消していた。

18年後、ユベクは国内で最も権力のある男になり、そんなある日、自ら主催した武術大会でウォルソにそっくりな剣さばきの少女ホンイを見つけたユベクは彼女を追う。

そしてユベクへの忠誠と禁じられた愛のはざまで苦悩する武士のユル。

ばらばらになった3本の剣が再び揃う時、真実が明かされる…。

キャスト

監督:パク・フンシク
撮影:キム・ビョンソ
武術監督:シン・ジェミョン
出演:イ・ビョン・ホン/チョン・ドヨン/キム・ゴウン/ジュノ
配給:クロックワークス
レンタル日:2016年6月3日

見どころと感想

出典:YouTube

ふむ、なかなか雰囲気のいい、韓流時代劇アクションですね。

スローモーを多用したアクションシーンは単純に見ていてカッコいいし、登場人物それぞれが抱える過去の傷は、物語に深みを与えています。

アクションだけでも見応え十分ですが、ストーリーも面白いに越した事はないので、総じて良作なのではないかと思います。

愛、裏切り、復讐…。

まぁ、定番っちゃあ定番ですけど、下手に小難しくされるよりは、分かり易くていいですね。

個人的にはアクション目当てだけで手に取った作品だったんですが、意外にもストーリーがグッと来る展開を見せてくれたので、期待以上の満足感を得られました。

見どころ

■チョン・ドヨン
この方、非常に上手いですね。ぶっちゃけこの女優さんが出てなかったら、つまんなかったんじゃないですかね。『ハウスメイド』を観た時にも思いましたけど、俺こういう顔好きなんだね(けっこう、◯ばさんだけど)。

■キム・ゴウン
この娘は好みじゃないな。もうちょっと可愛かったら、作品の評価をもっと上げてたな。残念。(失礼)

まとめ

けっこういいと思いますよ。アクションとドラマが丁度いい感じでしたね。演技派の女優さんが出てるので、ザ・愛憎みたいなストーリーでも集中して観れましたし、お目当てのアクションも軽快でカッコ良かったです。

触れるのを忘れていましたが、イ・ビョンホンも出てるのでお好きな方は要チェック。

よかったらどうぞ。

メモリーズ 追憶の剣
評価
★★★★★
3.0点
こんな人に
↓おすすめ↓

・アンニョンハセヨ

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします