映画「クリムゾン・ピーク」のあらすじと感想-デルトロ作品史上最高の映像美

クリムゾンピーク
出典:公式サイト

スポンサーリンク

クリムゾン・ピーク

クリムゾン・ピーク」はパシフィック・リムなど手掛けたギレルモ・デル・トロが監督で、7月から公開される「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」にも出演しているミア・ワシコウスカを主演に迎えたゴシック・ホラー映画となっています。

あらすじ

– 深紅に染まるそびえ立つ山頂の屋敷の、怖ろしくも美しい秘密とは? –

10歳の時、死んだ母親の幽霊と遭遇したイーディスだが、それ以来、彼女は亡霊を目にするようになる。

トーマスと運命的な出会いを果たした彼女は、自分の父親が謎めいた死を遂げたのを機に彼と結婚する。

赤粘土の影響で雪が赤くなることから”クリムゾン・ピーク”と呼ばれる山頂に立つ豪邸に、トーマスの姉ルシールと共に移り住むことに。

三人でも生活にも慣れてきた頃、体を真紅に染めた亡霊たちがイーディスの前に現れ、奇妙な警告をする…。

キャスト

監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:マシュー・ロビンズ/ギレルモ・デル・トロ
製作:ジャン・ジャッシニ/カルム・グリーン/トーマス・タル/ギレルモ・デルトロ
音楽:フェルナンド・ベラスケス
撮影:ダン・ローステン
編集:ベルナート・ヴィラプラナ
出演:ミア・ワシコウスカ/ジェシカ・チャステイン/トム・ヒドルストン/チャーリー・ハナム/ジム・ビーバー
製作会社:レジェンダリー・ピクチャーズ
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ/東宝東和
レンタル日:2016年6月3日

見どころと感想

出典:YouTube

ギレルモっぽい様な、ぽく無い様な、なんとも微妙な感じの作品ですね。

ミア・ワシコウスカの独壇場みたいな映画で、彼女の演技を存分に味わえます。そう、そうなんです。もういいよってぐらいにミア・ワシコウスカなんですよ。

この娘がお好きな方はそりゃあ満足出来るんでしょうけど、あまり好きじゃ無い俺はどうしたらいいの?いや、綺麗な娘だとは思いますよ。でもね、俺は口元にホクロがある娘はあんまりなんだよね。

ぶっちゃけ、ジェシカの方が好きだね。妖艶な感じがエロティカ美人でこの人がメインの方が良かったんじゃね?

内容はファンタジーです。でも、そこはギレルモなんでダークな感じですね。ちょっとホラー寄りかも?てか、ホラーだわ、これ。あんま怖く無いけどね。

う〜ん、そんなに面白く無いかな…

相変わらず雰囲気は良いんですけど、何て言うか こう…、話が盛り上がらないって言うか、詰まらないって言うか。

まぁ、過度な期待はしない方がいいですよ。

見どころ

■ジェシカ・チャステイン
うん、この人が出てなかったら観なかったね。今作は女性陣の演技が抜群なので、そう言う意味では楽しめました。

まとめ

ここだけの話、けっこう期待してたんですけどね。残念だわ…。

最近、面白い映画になかなか出会えないな。

チックショーーーうッ‼︎

クリムゾン・ピーク
評価
★★★★★
2.3点
こんな人に
↓おすすめ↓

・ホクロ

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします