映画「ファインディング・ニモ」のあらすじと感想-ドリーへと続く作品1作目

ファインディング・ニモ
出典:公式サイト

今回映画レビューする作品は、ディズニー×ピクサーで放つアニメーション映画「ファインディング・ニモ」です。

まずは作品ん情報からどうぞ。

スポンサーリンク

ファインディング・ニモ

ファインディング・ニモ」はディズニー&ピクサー製作、フル3DCGで作られた長編アニメーション作品で、ピクサーの長編作品としては5作目になる映画。

本作の「ファインディング・ニモ」は第76回アカデミー賞長編アニメ賞を見事受賞し、2004年度の観客動員数第1位や年間DVD総合チャートで1位など多数の賞を獲得している作品です。

また今年の8月には続編となる「ファインディング・ドリー」が公開されたことで話題になりました。

ファインディング・ドリー

ファインディング・ドリー」はファインディング・ニモの続編で、今度はドリーがメインの映画。

ドリーが過去記憶を取り戻し、マーリンとニモと両親を探しに旅に出るという前作同様アドベンチャー作品となっていて、監督は前作と引き続きアンドリュー・スタントンが務めている。

■ファインディング・ドリーの映画レビューはこちら

映画「ファインディング・ドリー」あらすじと感想-ピクサーが贈る続編最新作
出典:公式サイト 今回映画レビューする作品は、前作大ヒットを記録したファインディング・ニモの続編となるディズニーピクサーのアニメー...

あらすじ

オーストラリア、グレートバリアリーフ。

広大な海の中でカクレクマノミの400個の卵が孵化しようとしていた。しかし、無事に生まれた母親の命と引き換えに助かったただ1つだけだった…。

父マーリンは、この子を”ニモ”と名付け、同じ悲劇を繰り返さないと誓い過保護なまでに大事に育てていく。そして6歳になったニモに、初めて学校へ行く日がやってくる。しかし、突然の悲劇がニモを襲うことに…。

それは、彼が人間のダイバーにさらわれてしまったのだった。打ちひしがれるマーリンだったが、陽気なナンヨウハギのドリーの助けを借りてニモを取り戻す旅へと出るのだった…。

キャスト

原題:Finding Nemo
監督:アンドリュー・スタントン/リー・アンクリッチ
声の出演(字幕版):アルバート・ブルックス/エレン・ディジェネレス/アレクサンダー・グールド/ウィレム・デフォー/オースティン・ペンドルトン/ブラッド・ギャレット/アリソン・ジャニー/スティーヴン・ルート/ヴィッキー・ルイス/ジョー・ランフト
声の出演(吹替版):木梨憲武/室井滋/宮谷恵多/山路和弘/津田寛治/乃村健次/定岡小百合/清水明彦/森崎めぐみ/斎藤志郎
製作国:アメリカ
製作年:2003年
配給:ウォルト・ディズニー・カンパニー

見どころと感想

出典:YouTube

エイっていいよね~

あの優雅に泳いでる姿好きなんだよね。

生まれ変わるならエイになりたい。ってかマンタになりたい。

てなわけで今回はファインディング・ドリーも公開されているので、改めてファインディング・ニモを観直そうかなと思い鑑賞致しました。

カクレクマノミの親子マーリンとニモ、ナンヨウハギのドリーの3匹の魚がメインのお話で、ダイバーに連れ去られたニモを探しに行くためにマーリンが大海原へ出てドリーと出会う。

ドリーに振り回されながら何とかニモの元までたどり着くという魚アドベンチャーですね。

この作品は決して子供向けのアニメではなく、大人も十分に楽しめる作品なので、そこは”さすがピクサー“だなと思う。

ファインディング・ニモの劇中では色んな種類の魚が出てきますが、みんな個性的なキャラクターで、観ていて楽しくなってくる。

まずはサメのブルースね。

めっちゃいいやつ!!

それにウミガメのクラッシュ。こいつのキャラは最高に弾けてます。

パシ!コツ!オーイェー!!

クラッシュは確かディズニーシーのアトラクションで「タートルトーク」ってのがあったと思うんだけど、これもなかなか面白いです。

今もまだあるのかな?

あとはやっぱりドリーのウザさかな。

マーリンの心境を汲み取ると、あの状況でドリーみたいなのが横にいたら腹立つだろうな…。

決して本人に悪気はないんだけどね。

他にもたくさん出てきますが各キャラクターが個性の塊みたいな感じですかね。

内容に関してはシンプルな感動冒険物なので、家族でも一人でも楽しめると思いますよー。

見どころ

■各キャラクターの個性
何ともまぁよくここまで個性をつけたなと思います。あなたのお気に入りのキャラクターはどいつ?

俺のオススメキャラはやっぱり「クラッシュ」です。

■ストーリー
単純な冒険物ではなく、”家族の絆”とか”相手を信じる”とか割と強いメッセージがあるので奥が深いです。

まとめと評価

ファインディング・ニモは結構面白かったので、ファインディング・ドリーにも期待したいですね。

この作品でカクレクマノミを見つけた時に「ニモだー!!」って人が増えたと思います。ニモではないんだけどね。

でもそれくらい影響力のある映画はそうそうないと思うので、世間一般的にも認知されているし、人気の作品なんだと思います。

まだ観たことない人は多分いないかと思いますが、もし観ていない人がいた時のためにオススメしておきます。

一回は観ておいても損はないですよ。

よかったら是非。

ファインディング・ニモ
評価
★★★★★
3.8
こんな人に
↓おすすめ↓

・さかなクン

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします