アニメ「四月は君の嘘」あらすじと感想-山崎賢人で実写映画化も決定した話題作

四月は君の嘘
出典:公式サイト

スポンサーリンク

四月は君の嘘

四月は君の嘘(略:君嘘)」は新川真司の漫画が原作となっていて、中学生のピアニストとヴァイオリニストが互いの才能に共鳴し合い、成長していく様を描いた青春アニメで、クラシック(モーツァルト/ショパン/バッハ等)の曲が作中でも使用されています。

また2012年度マンガ大賞ノミネート、2013年講談社漫画賞少年部門受賞という経歴を持ち、2016年9月10日(土)には今が旬の山崎賢人、広瀬すず主演で実写版も放映される作品となっています。

あらすじ

– 僕らはだれかと出会った瞬間から、一人ではいられないんだ。 –

11歳の秋、天才ピアニストと呼ばれていた有馬公生は、母の死をきっかけに突然ピアノが弾けなくなってしまう。

それ以来、彼の中の時間は止まったままになっていた。

そんな公生を気に掛ける幼なじみの少女・澤部椿は、公生をダブルデートに誘い、同じく公生の幼なじみの渡亮太が、とある女の子に会うことになっていた。

気が進まないながらも待ち合わせ場所に向かう公生だが、彼はそこでピアニカを演奏する少女を目にする。

渡のことが好きだという少女の名は、宮園かをり。

彼女はヴァイオリニストだった…。

キャスト

原作:新川真司
監督:イシグロキョウヘイ
シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
キャラクターデザイン・作画総監督:愛敬由紀子
3Dディレクター:小野竜太
音楽:横山克
声の出演:花江夏樹/種田梨沙/佐倉綾音/逢坂良太/早見沙織/梶裕貴/茅野愛衣
実写版出演者:山崎賢人/広瀬すず/石井杏奈/中川大志/甲本雅裕/本田博太郎/坂谷由夏/壇れい
アニメーション制作:A-1 Pictures
製作:「四月は君の嘘」製作委員会

見どころと感想

出典:YouTube

このアニメを初めて観た時は正直、

よくある学園青春ラブストーリーだろ?

とか思って観ていましたが、違います!!
いや、違わないか?

まぁどっちでもいいや。

とりあえず定期的に観なおしているアニメで、ストーリーだったり、見せ方や雰囲気、音楽のチョイスなど何をとっても抜群にいいですね。

本作の話の内容はよくある感じで、才能ある主人公が幼いころトラウマを抱え才能を発揮できなくなるが、ヒロインと出会い徐々に変化していくというありきたりなストーリーで話が進んでいきます。

君嘘ではクラシック音楽がたくさん使われていて最初は

クラシックとか興味ないよ

とかほざいていましたが、観終わる頃には考え方が変わっていましたね。

クラシックもありだな」と…。

少女漫画ちっくな絵が受け付けない人もいると思いますが、とりあえず観ていただきたい作品ですね。

それに今年の9月には実写映画化するので、それに合わせて観ておくのもいいかも?

でも実写映画化には一つ文句が…。
それは…

広瀬すずは宮園かをりのイメージじゃないわ~!!

ということ。ちはやふるのちはや役はそれっぼい感じでよかったですけどね。

日本の映画をディスるわけじゃないですが、人気の俳優、女優さんばかりを使うのはどうかと思いますよ。

まぁ実写映画化での完成度に期待している自分も悪いのですが…

見どころ

■随所で流れるクラシック音楽
きらきら星変奏曲とかあんなカッコイイ曲だなんて思ってもいなかった。邦題にした途端になぜ響きがダサくなるのかは疑問に思ってはいけないところです。

■OP/ED
Goose Houseの「光るなら」とコアラモードの「七色シンフィニー」、7!!の「オレンジ」が特にオススメ!!マジでいい曲だから!!

■セリフの言い回し
いちいちシャレオツ。有名な作曲家の言葉を引用したりスヌーピーの言葉なども引用されています。中学生がそんなセリフ言うか?

まとめ

四月は君の嘘は青春、ドラマ、ラブコメなど色々な要素が含まれている学園ものなので非常に観やすく、クラシックに興味のない方でも見入っちゃうと思います。

また感動できる場面もたくさんあるので、感動系のアニメをご所望の方は是非!!

それに、このアニメを観終わった後にはきっとクラシック好きになっているはず…。いや、きっとなっているだろう…。

むしろピアノとかヴァイオリンを弾き始めちゃってるかもよ?

ちなみに余談にはなりますが、原作者の新川真司氏はクラシック音楽とは縁もなく、高校時代はヘヴィメタを聴いていたそうです。

真逆やね…。

四月は君の嘘
評価
★★★★
4.1点
こんな人に
↓おすすめ↓

・パズー

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします