映画「セキュリティ・コール」あらすじと感想-ナターシャ・ヘンストリッジ主演のサスペンススリラー

セキュリティコール出典:YouTue

スポンサーリンク

セキュリティコール

セキュリティコール」はセキュリティに守られている場所が武装した強盗に襲われ、セキュリティ会社からの指示で逃げ延びる様を描いたサスペンススリラー作品となっていて、「スピーシーズシリーズ」のナターシャ・ヘンストリッジが主演を務めた映画です。

あらすじ

人里離れ、厳重なセキュリティに守られている邸宅で暮らすクロエは、義理の息子と二人で長期不在の夫の帰りを待ちわびていた。

そんなある嵐の夜、3人の武装強盗が突然、家のドアを爆破し、不法侵入してくる。

携帯電話を通じてセキュリティ会社のマイクに助けを求めたクロエは、彼の支持に従って敵の追跡をかわしながら応戦するが、彼らはいったい何者なのか!?

果たしてクロエたちは逃げ切ることはできるのか…?

キャスト

監督:デビッド・テナント
製作:ジェフ・サックマン/カーク・ショウ
製作総指揮:デビ・シン/キース・ショウ/ショーン・アシュモア/デイブ・フダコック/ダミアン・リー/ジェフリー・シェンク
脚本:ピーター・サリバン
撮影:トビー・ゴーマン
音楽:ロバート・スマート
出演:ナターシャ・ヘンストリッジ/ジェイソン・パトリック/リアム・ディキンソン/スコット・アドキンス/キーラ・ザゴースキー/マイケル・ロジャース

見どころと感想

出典:YouTube

この作品をナターシャ・ヘンストリッジ目当てで観る人が、一体どのくらい居るだろうか?

あの伝説のSFエロティカ・ホラー『スピーシーズ/種の起源』で、そのナイス・バディを惜しげも無く披露し、多くの日本人男性に…

パツ金ってスゲェ…

と、唸らせたブロンド美人。

そうです。そうなんですよ。俺がこの作品に期待していたのは、ジェイソン・パトリックの演技でも、スコット・アドキンスのアクションでもありません。それは、ナターシャ・ヘンストリッジのナイス・バディ!

…は、どこ行ったん?

ん?俺の知ってる、俺の脳裏に焼き付いてる、ナターシャはあなたじゃ無いな…。

いや、なんか年取っちゃって身体に厚みが出ちゃったね、ナターシャ。

俺は残念だよ。

内容は、旦那の金目当ての強盗撃退サスペンスです。どの女優さんも一度は必ず演ってそうな、よくある感じのヤツですね。

可も無く不可も無くと言ったところでしょうか。義理の息子との関係性をもう少し見せてくれていれば、グッと来たかとしれませんが、いかんせんナターシャが年食って太ちゃったんで、もういいです。

見どころ

■ナターシャ・ヘンストリッジ
人体の完成形を模したような、まるでマネキンを連想させるような、魅惑の洋ピン・ボディは何処へ行ってしまったのか?しかし、ある一定層には丁度いいボリュームかも知れない。

まとめ

今作を手に取る方々はおそらくスコット・アドキンスのアクションがお目当てで、だと思いますが、残念ながらそこら辺は期待しない方がよろしいかと。

最近、演技に目覚めてしまったらしく、キレてる足技は見せてはくれませんでした。

まぁ、詰まらなくは無いので、お暇な時にでもどうぞ。

セキュリティコール
評価
★★★★★
2.5点
こんな人に
↓おすすめ↓

・雌型のエロ星人

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします