映画「ワープ・トゥ・ヘル」あらすじと感想-ニック・ライオン監督が放つB級ホラー

ワープトゥヘル
出典:YouTue

スポンサーリンク

ワープ・トゥ・ヘル

ワープ・トゥ・ヘル」はモンスターやゾンビなどが出てくるホラー作品となっていて、ダニー・トレホ主演の「弾丸刑事 怒りの奪還」の劇場公開作品から、「スピーシーズ4/新種覚醒」「ゾンビアルカトラズ」をはじめとするB級映画まで幅広く出掛けるニック・ライオンが監督を務めている作品です。

あらすじ

アメリカのある大学生の研究チームが転送実験に成功し、クレーターのような巨大な穴と共に”異次元”の扉を開けてしまう。

一人を残し、6人の学生を呑みこんだその穴は、得体の知れないモンスターやゾンビがうようよひしめく、まさに地獄の世界だった。

知らせを受け、現場に駆け付けた教授は、「3時間以内に応答装置で交信しないと救出は不可能だ」と頭を抱える。

果たして6人の学生は生きて地獄を脱出することはできるのか…?

キャスト

監督:ニック・ライオン
脚本:ニール・エルマン/ニコール・ジョーンズ=ディオン
製作:アンソニー・ファンクハウザー
撮影:リチャード・ビアレット
編集:ドン・マネー
音楽:マイケル・ニールソン
出演:クリス・スケンレンジャー/ケイティ・リース/ジェームズ・ノボル・ケリー/オースティン・スコット/カビー・ボーダーズ/ミレーラ・バーグ/ローリー・キナストン/マックス・ラインハート
出演(吹替版):前野智昭/早見沙織/伊藤静/内野孝恥/石井ゆかり/林大地/河西健吾/坂東尚樹/立岡耕造

見どころと感想

出典:YouTube

うん、B級

まぁ、観る前から分かってましたけどね。でも、ほら、そういうの観たくなる時ってあるじゃないですか?たまには良いですよね。

今作は、学生達が変な科学実験をやってて、その実験のせいで別の世界に飛ばされてしまいます(なぜかは分かりませんが)。で、その別の世界ってのが、実は地獄だった…。みたいな感じです。

どっかで観たような、聞いたような…

“色んな名作ホラーに憧れて それをオレ達流にアレンジして撮った このイケてる映画どうよ”的な?

まぁ、けっこう頑張ったんじゃね

ある程度、割り切った上での鑑賞だったので、これはこれで楽しめましたし、もうちょっと完成度が高ければB級卒業かなって作品でした。

見どころ

■日本語吹き替えキャスト
なかなかいい感じです。たまにはB級も観たいとか書いてましたが、実はコレ目当てで観ました、嘘つきましたスイマセン。吹き替えのキャストが良くなかったら、まー観てなかったね。

まとめ

何かしらの目的意識を持って映画を観る…、一興かと。

自己責任でどうぞ。

ワープ・トゥ・ヘル
評価
★★★★★
2.4点
こんな人に
↓おすすめ↓

・沙織

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします