アニメ「あの夏で待ってる」あらすじと感想-毎年観たくなる夏アニメ

あの夏で待ってる
出典:公式サイト

スポンサーリンク

あの夏で待ってる

あの夏で待ってる(略:なつまち)」はI*Chi*Ka原作の青春SFラブコメディとなっていて、長野県の小諸市や釈尊寺、軽井沢駅などの実在する場所が舞台となっている作品です。

脚本の黒田洋介とキャラデザ(原案)の羽音たらくがスタッフとして参加した「おねがい☆ティーチャー」「おねがい☆ツインズ」も同じ長野県が舞台となっているが、「おねがいシリーズ」は長野県大町市が舞台設定となっていて、最終話にはおねがいシリーズで登場した「海ノ口駅」と「木崎湖」が登場しています。

あらすじ

– その夏の思い出が、僕達の永遠になる。 –

ある夜、霧島海人は趣味の8mmカメラで湖周辺の夜景を撮影していたが、突然光り始めた空に何かの物体を目撃するが、次の瞬間、辺りが閃光と衝撃に包まれると同時に海人は吹き飛ばされ重傷を負う。

朦朧とする意識の中で、海人は自分の手を掴む女性を目撃する。

だが、翌日自室で目を覚ました海人を待っていたのは、姉の七海から彼女がボリビアへ出張する旨を聞かされたことと、赤い髪の毛をした美少女・貴月イチカが転入してきたこと以外は、普段と変わりがないように見える日常だった…。

イチカに何かを感じて戸惑う海人を見かね、友人の石垣哲郎は彼女を自主映画制作に誘う。

帰りにスーツケースを抱えてさまようイチカと遭遇した海人は、行くアテがないという彼女を1晩だけ自宅に泊めることにするが、その矢先に彼の身体に異変が生じてしまう…。

キャスト

原作:I*Chi*Ka
監督:長井龍雪
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:羽音たらく/田中将賀
メカニックデザイン:海老川兼武
音楽:I’ve sound/井内舞子
編集:西山茂
声の出演:戸松遥/島崎信長/石原香織/萩原秀樹/阿澄佳奈/田村ゆかり/日高里菜
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:なつまち製作委員会

見どころと感想

いよいよ今年も夏がやって来ます。そして、丁度この時期 観たくなってくるアニメがあります。それは…

夏待ちッ‼︎

通算で4、5周目です。…って、それって毎年 観てんじゃね?

ん?YESですけど何か?

毎年、夏に待ってくれてる、決して俺を裏切らない、色褪せない、傑作アニメです。

自分にとって何がそんなにストライクなのか?いい機会なのでちょっと考えてみました。
※注意:完全主観なので生暖かく見守って下さい。

まずね、今作は全12話+特別編の1クール・アニメで、尺の長さが丁度いい。

あ、もうすぐ夏だし、夏待ち観よ

って、サクッと観れる。テンポも抜群にいいから、何なら1日で最後まで行ける。

話はラブコメ(一応、SF)で、夏休み前に転校して来た美人の先輩と、なんだかんだで一緒に住む事になって、アレやコレやで自主制作映画を撮るお話しです。

基本、等身大のキャラ設定で親しみ易く、あり得ないほどモテたり(ハーレムとかね)、闇の能力者だったりとかは無し。ただ、一人…いや、二人。いやいや、三人ぐらい怪しいのが居るけど俺は気にしない。

おねがい』シリーズと同じ世界で続編にあたる作品なので、観てる人はニヤリでしょうし、観てなくても全然OK。だって俺…

ツインズは観たけど、ティーチャー観てないしねッ‼︎

そんな事で観ないのは勿体無いし、小ネタが分からなくても、そこはフィーリングで何とか。

作画は無難なところで、嫌がる人はいないんじゃないでしょうか。大きく崩れる事も無く、最初から最後まで同じクオリティを保ってます(これ大事)。

あとはキャスティング。アニメだ言っても結局のところ演じるのは声優さんな訳で、その演技力の重要性は皆さんご存知の通り。今作に関しては文句無しです。

っと、まぁそんな感じでベタ褒めしてる割には、全然 内容に触れてないっていう、この適当さ加減ですが(申し訳ありません)。

取り敢えず、観てくれーッ‼︎

見どころ

■先輩(二人居ますけどヒロインの方ですよ、間違えないように)
こればかりは個人の好みだと思いますが、どストライクです!結構、感情を表に出すタイプだと思いますが、嫌味が微塵も感じないですね。このキャラの設定上、納得してしまう部分も多いですが、CV:戸松遥である事は大きい。この方の演技力の程は分かりかねますが、ナイス・キャスティングである事は間違い無い。

■SF要素
言ってしまえば、矢追ネタです。コレが嫌で観てない人は多いと思いますが、別に平気ですよ。そんなにブッ飛んでる設定じゃ無いのですし、逆に、よくラブコメとして纏め上げたなと、褒めていいところでしょ。

■ローケーション
今作の舞台は長野県小諸市。作中には実際にある街、駅、風景と色々登場します(あと沖縄も)。長野県在住の方はニヤニヤが止まらない事でしょう。Blu-ray買っちゃえば?


■ビードロ模様

やなぎなぎ が歌うエンディングテーマです。完璧です、素晴らしい。この曲を聴くと鳥肌が立ちます。アニメの歌って重要ですよね。

まとめ

あくまで個人的にですが、今作はほぼ全ての要素が丁度いいサジ加減で纏まってる作品です。合う合わないはあるので、自分には合っている作品が、皆さんにも合うかどうかは分かりませんが、実際 4周も5周もしている物をオススメしない訳にもいきませんので。

どうでしょう…、3話目まで観てみませんか?(それでダメならしょうが無い)

よかったら是非。

あの夏で待ってる
評価
★★★★
4.7点
こんな人に
↓おすすめ↓

・夏だぁ~!!

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします