映画「バーニング・ブラッド」あらすじと感想-スコット・アドキンスのアクションを堪能せよ!!

バーニングブラッド
出典:YouTube

スポンサーリンク

バーニング・ブラッド

バーニング・ブラッド」はエクスペンダブルズ2にも出演していたスコット・アドキンスが主演のノンストップ・アルティメット・アクションとなっていて、1人で凶悪なマフィアに挑む様を肉弾戦と銃撃戦で描いている。

次世代アクションスター「スコット・アドキンス」の2分に1度のアクションが繰り広げられ、息つく暇もない映画に仕上がっている作品です。

あらすじ

元軍人で、所属していた部隊の不正を見逃せず、全員を病院送りにして除隊になった過去を持つコルトン。

ある日、麻薬組織に誘拐された姪が監禁されたアジトに出向き、たった一人で敵全員を倒してしまう。

メンツを潰された組織のボスは、姪を救出したコルトンが身を潜めているアメリカとメキシコの境界線にある農場に、復讐に飢えた部下たちと地元の汚職保安官を引き連れてやってくる。

彼らはコルトンを絶対絶命のピンチに追いやるはずだったが、狙った相手が間違いだった。

愛する家族と自らの命を守るため、コルトンは己の肉体を武器に一人敵を迎え撃つ…。

キャスト

監督:アイザック・フロレンティーン
製作:エフロ・ブレイバーク
製作総指揮:スコット・アドキンス
脚本:チャド・ロウ/シェーン・ダックス・タイラー
撮影:タル・レイザー
美術:マイケル・レビンソン
編集:イリット・ラズ
音楽:スティーヴン・エドワーズ
出演:スコット・アドキンス/ニック・チンランド/ケイトリン・キーツ/ジェイク・ラ・ボッツ

見どころと感想

出典:YouTube

毎日、映画を観ていると、その内 映画を観る事が日常になって来ます。1本1本 内容を噛み締めながら鑑賞する事も減って来ます。何かしら観ている事が当たり前になってしまって、ほとんど垂れ流し状態です。

そんな映画の見方が悪いとは思いませんが(自分の事なんで)、ちょっと時間の使い方としては勿体無い事してるのかな?って思ってしまうのも正直なところです。

好きなジャンルの映画だけを選んで観てるつもりなんですけどね。やっぱ飽きちゃうんでしょうね。だって…

面白い映画ばっかじゃ無ぇんだもん

そ・ん・な・日々の映画ライフに、ちょ〜と飽きが来ちゃってる人にオススメの作品がこちらです。

今作は、スコット・アドキンス主演のアクション映画です。それ以上でも、それ以下でもありません。ただ、それだけです。

小難しいストーリーや説教臭いメッセージ性、タルいカメラワークや押し付けがましい程に凝った映像…などなど。

そう言った、ぶっちゃけ面倒臭ぇ要素は一切無し。

説明はいらない…

アクションあるのみッ‼︎

以上‼︎

見どころ

まぁ、そうは言ってもね、見どころをあげとかないとアレなんで。はい。

■スコット・アクション
スゲェ!ガチだわ!本当、この人は何でも来いですね。今作は格闘技などに詳しい方は、最高に楽しめるのではないでしょうか。

■西部劇風味
監督さんか誰かがお好きなんでしょうか?非常にマカロニの匂いがプンプンして、それだけでも何故かテンションが上がって来る。摩訶不思議。

まとめ

説明なんていらない映画です。頭カラッポにして、ただ観てればOK。カラッポにし過ぎて内容を全然覚えてない…。

ドンマイッ‼︎

バーニング・ブラッド
評価
★★★★★
3.0点
こんな人に
↓おすすめ↓

・社食

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします