映画「ウーマン・イン・ブラック2」あらすじと感想-大人気シリーズの第2弾

ウーマンインブラック2
出典:公式サイト

スポンサーリンク

ウーマン・イン・ブラック2 死の天使

ウーマン・イン・ブラック2 死の天使」はスーザン・ヒルのベストセラー小説「黒衣の女 ある亡霊の物語」が原作で、ハリー・ポッターシリーズのダニエル・ラドクリフが主演を務めた「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」の続編作品。

前作から40年後が舞台となっていて、イールマーシュの館で黒衣の女が巻き起こすゴシックホラー映画となっています。

あらすじ

作家キップスが失踪してから40年後の第二次世界大戦中のロンドン。

孤児院の教師イブとジーンは、孤児たちの安全を求めて田舎町に連れてくるが、たどり着いたのは荒廃した不気味な屋敷だった。

次々と子供たちが失踪し、安全だと思っていた屋敷が恐怖の場所に変わった時、イブはハンサムなパイロットに屋敷の調査への協力を得るが、そこで彼らは再び邪悪なウーマン・イン・ブラックの魂を呼び覚ましてしまう。

果たして子供たちは邪悪な”彼女”から逃れることはできるのか…。

キャスト

原作:スーザン・ヒル
監督:トム・ハーパー
脚本:ジョン・クロッカー
製作:リチャード・ジャクソン/サイモン・オークス/ベン・ホールデン/トビン・アームブラスト
製作総指揮:マーク・シッパー/ガイ・イースト/ナイジェル・シンクレア/ニール・ダン/グレーム・ウィッツ/ザビエル・マーチャンド/ライアン・カバナー/タッカー・トゥーリー/ロイ・リー/リチャード・トゥーサント/ウェイド・バーカー
撮影:ジョージ・スティール
編集:マーク・エカーズリー
音楽:マルコ・ベルトラミ/マーカス・トランプ/ブラントン・ロバーツ
出演:フィービー・フォックス/ジェレミー・アーヴァイン/ヘレン・マックロリー
配給:プレシディオ

見どころと感想

出典:YouTube

前作は観たはずなんですけど、なぜか全く覚えていません。という事は、きっと面白く無かったんでしょう。

じゃあ、何で記憶にも残ってないような作品の続編を観るん?

分かりません

義務感?でしょうか…。

ハイ、そんな話は全然関係無いので、今作の感想を。

第二次大戦中、田舎に避難して来た孤児院の女先生の恐怖体験です。どう見たって怪しい館で、子供達と過ごす事になるんですが、まず言いたいのは…

画面が暗い

暗過ぎて何やってるか分からないよ。怖いとか、ビックリとか、以前に見えないって。まぁ、わざとやってるんでしょうし、雰囲気も出せてますけど、目線をどこに向ければいいのか分からなくて、美味しいところ(怖いところ)をけっこう見逃しましたね。残念。

話自体はよくある”曰く付きの館系“なので、可もなく不可もなくです。怖さに関しては、もともと期待してないので、こんなもんでしょって感じですね。

見どころ

■雰囲気
戦時下の空気感は良かったです。ホラーとは合わないかなって思ってましたけど、そんなこと無かったですね。まぁ、そうは言っても第二次大戦中って設定は、あんま関係ないんですけどね。

まとめ

前作はベストセラー小説の映画化で、イギリスでも高評価だったらしいです。それに味をしめたのか、今作はオリジナル・ストーリーとのこと。う〜ん、どっちにしても微妙。

やっぱ、ホラーは国産の方が怖いね。

自己責任でどうぞ。

ウーマン・イン・ブラック2
評価
★★★★★
2.3点
こんな人に
↓おすすめ↓

・夜目

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします