映画「ポルターガイスト(2015)」あらすじと感想-サム・ロックウェル主演のリメイク版

ポルターガイスト
出典:YouTube

スポンサーリンク

ポルターガイスト(2015)

ポルターガイスト」は1982年に悪魔のいけにえのトビー・フーパー監督、スティーヴン・スピルバーグ脚本による映画のリメイク作品となっていて、オリジナル版は「ポルターガイスト2」「ポルターガイスト3/少女の霊に捧ぐ…」の第3作まで公開されている。

本作の監督を務めるのは「モンスター・ハウス」のギル・キーナン、製作には「死霊のはらわた」で知られるサム・ライミ、主演には「コンフェッション」でベルリン国際映画祭で男優賞を獲得したサム・ロックウェルと豪華なスタッフ・キャストが集結して作られた映画となっています。

あらすじ

~家に憑りついた”何か”に連れ去られたマディソン-。これは悪霊なのか?~

郊外の格安物件の一軒家を見つけ、家族で越してきたエリックたち。心機一転、新たな生活をスタートさせるが、子供たちは次第に、家の中に潜む不気味な雰囲気を感じ取る。

クローゼット、TV、天井裏……庭からは骨片のようなものが見つかる中、ある日、家にいたばずの幼いマディソンが忽然と姿を消してしまう。

いったいこの家で何が起こっているのか…?

悍ましい”秘密”を知った一家は、霊媒師に助けを求め、娘を取り戻すために必死の戦いを始める…。

キャスト

監督:ギル・キーナン
脚本:デヴィッドリンゼイ=アベアー
原案:スティーヴン・スピルバーグ
製作:ロイ・リー/サム・ライミ/ロバート・G・タパート
音楽:マルク・ストライテンフェルト
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
編集:ジェフ・ベタンコート/ボブ・ムラウスキー
出演:サム・ロックウェル/ローズマリー・デウィット/シャレッド・ハリス/ジェーン・アダムス
製作会社:フォックス・2000・ピクチャーズ/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー/ゴースト・ハウス・ピクチャーズ/TSGエンタテインメント/ヴァーティゴ・エンターテインメント
配給:20世紀フォックス

見どころと感想

出典:YouTube

超有名タイトルのリメイクを超凄腕監督が手がけたってなれば、やっぱ観ておかないとダメかなと思いまして。

個人的にはあまり好きじゃ無いシリーズなんですが、って言うよりは『1』しか観たこと無いんですが、それでも手に取った理由はサム・ライミ。

ヤツが撮ったなら間違いない。俄然、ヤル気が出て来た。って思っていたら…

ライミ、監督じゃねぇじゃんッ⁉︎

制作でしたね、すいません。DVDのパッケージにデカデカと書いてあったので、てっきりサム・ライミが監督なんだとばかり思っていました。

何だよ、ガッカリだよ…。

まぁ、それでも最後まで観ましたけどね。

仲のいい家族が引っ越し先で怪奇現象に見舞われるお話です。一番下の女の子が狙われて、それを家族が団結して助け出す。オリジナル版の細かい設定は良く覚えていませんが、ほぼほぼ同プロットだったと思います。

後半のブッ飛んだ展開(個人的に、この展開が好きじゃない)も一緒だったので、オリジナル版がお好きな方は楽しめるのではないでしょうか。

見どころ

■CG技術の進歩
絵面が格段に良くなってます。”あっちの世界”の描写はかなり気持ちが悪かったです。オリジナル版から30年以上経っているので、その辺りを見比べてみるのも面白いかも知れませんね。

まとめ

ポルターガイスト』は、その出演者が相次ぐ不幸(何かの呪い?)に見舞われ、話題になった作品です。

だからと言う訳ではありませんが、このシリーズに、あまりいい印象を持っていませんでした。

ただ今回、サム・ライミの名前が上がって来ていたので、ついつい手を出してしまいました。

ぼちぼち楽しめたので、オリジナル版自体を観たことが無い方には、オススメしても構わないと思いますが、並々ならぬファンの方には、良くも悪くもリメイクなので、それを踏まえた上で、ご覧頂いた方が宜しいのではないかと。

興味がある方はどうぞ。

ポルターガイスト2015年版リメイク
評価
★★★★★
2.5点
こんな人に
↓おすすめ↓

・Wサム

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします