アニメ『劇場版トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女』の動画の感想

出典:公式サイト

今回映画レビューする作品は、TVシリーズで放送されていたアニメの劇場版『トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女』です。

まずは作品情報からどうぞ。

スポンサーリンク

作品情報

劇場版トリニティセブン -悠久図書館と錬金術少女-』は七つの大罪をテーマにしたサイトウケンジのコミックが原作となっており、TVアニメシリーズの劇場版となる作品がこの劇場版トリニティセブンです。

あらすじ

“魔王因子”を持つ春日アラタが、王立ビブリア学園で教授を務めるトリニティセブンの浅見リリスの魔道書“ヘルメス外典”に触れた瞬間、光と共に謎の少女が出現。リリムと名付けられた少女は、アラタとリリスを親と慕う。一方、禁忌の“悠久図書館”に封印された“白き魔王”が覚醒する。錬金術の究極の産物である白き魔王は、真の魔王となるためにアラタとトリニティセブンを葬ろうと画策し……。
出典:Yahoo映画

キャスト

原作:サイトウケンジ/奈央晃徳
監督:錦織博
時間:55分
声の出演:松岡禎丞/原由実/内田彩/佐倉綾音/日笠陽子/柚木涼香/村山梨衣/東山奈央他
制作年:2017年
製作国:日本
レンタル日:2017年4月28日

劇場版トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女の感想

出典:YouTube

VODのU-NEXT(ユーネクスト)で何か動画を探していたら偶然この劇場版トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女を発見しました。

しかも見放題ッ!!

TVシリーズもリアルタイムで観ていたし、見放題だから観なきゃでしょってことで鑑賞しました。

七つの大罪をテーマにしたアニメは鋼の錬金術師や七つの大罪など数多くあり、もはや定番のテーマだね~。

ひっさびさにトリニティセブンを観ましたけど、そういえばこの作品はこんな感じだったね。

懐かしいッ

そりゃTVアニメシリーズが放送されていたのが2014年だから懐かしいって思うのも無理ないか。

今回の劇場版トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女は、魔王因子を持つ主人公アラタがリリスの魔道書に触れた瞬間、謎の光に包まれ、目の前に一人の少女が現れる。

その少女が現れたと同時に悠久図書館に封じられていた白き魔王が目覚め、再び魔王の座になるためにアラタたちを抹殺しようとするが、その白き魔王をアラタたちが阻止するというお話です。

まぁこのアニメが学園ファンタジーですが、ただのハーレムアニメですよ。

松岡くんってこういう役より、クセのある脇役の方が好きだなって思うのは僕だけ?

本作の劇場版トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女はTVアニメシリーズなどを観ていると人物像が分かるので、まだ観ていない方はTVアニメから観て劇場版を観ると話も分かりやすいと思います。

でも劇場版本編も1時間ないのでサクっと観れてよかったのですが、内容が面白いかどうかと言われると微妙なところですかね~。

ハーレム系アニメはあんまり好きではないので、同じく苦手な方は楽しめないかもしれませんね。

見どころ

劇場版トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女の見どころを紹介していきます。

リリム

画像2

出典:映画.com

TVアニメシリーズには登場してこなかったキャラだし、リリムを中心とした物語があるので、そこは見どころなんじゃないかな~と思います。

ハーレム要素

画像1

出典:映画.com

まぁこんだけ多彩なキャラが出演しているので、ハーレム要素も見どころなんでしょう!!

テンプレ通りなハーレムだから「もうええわ」ってなるかもですが…。

まとめと評価

劇場版トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女は60分以下の時間で観れたので退屈せず観ることができました。

まぁハーレムに関して「あーはいはい」って感じで受け流していましたが、内容もストーリーもよかった方なんじゃないかな~と思います。

今回使ったVODサービスはU-NEXT(ユーネクスト)というサービスを利用して視聴したのですが、DVDレンタルは4月28日と少し先になっているので、観たい方はVODで観ることをおすすめします。

またU-NEXT(ユーネクスト)は31日間の無料期間があり、劇場版トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女も見放題で観れるので、もし利用されたい方はこちらが公式サイトになっています。

U-NEXT(ユーネクスト)公式ホームページはこちら

劇場版トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女の映画レビューはこの辺で、よかったらどうぞ。

劇場版トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女
評価

2.9
こんな人に
↓おすすめ↓

・アスナぁぁぁぁ

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ