映画『世界の果てまでヒャッハー!』あらすじと感想-フランス発のコメディ作品

出典:公式サイト

今回映画レビューする作品は、大笑いできるフランス映画『世界の果てまでヒャッハー!』です。

まずは作品情報からどうぞ。

スポンサーリンク

作品情報

世界の果てまでヒャッハー!』はブラジルの高級リゾート地を舞台に、バカンスでやってきた5人が繰り広げるおバカなコメディアドベンチャー映画で、主にウェアラブルカメラで撮影した映像がメインとなっている作品です。

あらすじ

フランク(フィリップ・ラショー)は恋人ソニア(アリス・ダヴィ)、悪友たちとブラジルの高級リゾートホテルを訪れる。彼はこの旅をきっかけにソニアにプロポーズしようと考えていたが、彼女の祖母の世話を押し付けられてしまう。やむなくフランクと友人たちは祖母を連れてジャングルの秘境ツアーに繰り出すが、一行はハンディーカメラ1台を残して行方不明になり……。
出典:Yahoo映画

キャスト

原題:All Gone South
監督:ニコラ・ブラム/フィリップ・ラショー
時間:93分
区分:R15+
出演:フィリップ・ラショー/クリスチャン・クラビエ/アリス・ダビット/ジュリアン・アルッティ/タレック・ブダリ他
製作年:2015年
製作国:フランス

世界の果てまでヒャッハー!の感想

出典:YouTube

この世界の果てまでヒャッハー!は何かの映画を観た際の予告が流れて、「あ、観たい!!」って思っていました。

やっとレンタルされたので早速鑑賞してみました。

この手のコメディ映画はやりすぎると本当つまらなくなるが、ツボが合えば最ッ高に笑える作品があるので、観るまではどちらかわからなかったのですが、観出したらドストライクな感じだったので大笑いしながら観てました。

とりあえずこの世界の果てまでヒャッハー!は何も考えずに観てほしいッ!!

それは何故かというと、”深く考えてもつまらない“からです。この手の作品は設定や状況などツッコミ出したらキリがないので、ありのままの映像を受け入れ楽しめばいいんじゃないかと思います。

フランス発のコメディ映画ということだったのですが、まるでアメリカのコメディ映画を観ているかのような感じはありましたが、アメリカのコメディほど下品じゃないし、どこかスマートでしたね。

R15+指定で下ネタもありますが、しつこくなくサラっと出してくるので下品な下ネタコメディ映画が苦手な人でも大丈夫なんじゃないかな…。そういうさりげなさがフランス映画っぽい感じなのかな?

まぁね、この世界の果てまでヒャッハーを観た人は、おばあちゃんの乗り物(スクーターみたいなやつ)の見方が変わると思います(笑)

僕は街中であれを見ただけでニヤつく自身はありますね(笑)

見どころ

世界の果てまでヒャッハー!の作中の中で、自分的な見どころを紹介していきたいと思います。

男たちの悪ノリ

画像3
出典:映画.com

これは男なら誰しも経験があることではないでしょうか?

いじられキャラをひたすらいじり倒す感じの悪ノリ。男っていつまで経っても少年なんですよね~(笑)

笑える要素が満載

画像1
出典:映画.com

スカイダイビング、スクーター、原住民など様々な笑える場面があるので、ツボに合う笑いを見つけてみてください。

まとめと評価

やっと観ることができた世界の果てまでヒャッハー!でしたが、個人的には大満足だったし、ひっさびさに映画を観て笑いました。

本当くっだらねぇ~」とか思っちゃいますが、たまにはそういった映画もいいんじゃないでしょうかね。

あ、それと、今回レンタルで借りて観たのですが、レンタルの特典映像でお笑い芸人のゴージャスでした。(地球儀持ってマダガスカル!って言ってる人ね)

まぁいつもの感じでしたよ(笑)

それも含めて楽しめたので、もし興味がある方などは観てみるのもいいかもしれないですね。

今回の映画レビューはこの辺で、よかったらどうぞ。

世界の果てまでヒャッハー!
評価

3.6
こんな人に
↓おすすめ↓

・マダガスカルッ!!

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ