映画『グランド・イリュージョン』あらすじと感想-ジェシー・アイゼンバーグ主演のスリラー

出典:Youtube

今回映画レビューする作品はこちら『グランド・イリュージョン』です。

まずは作品情報からどうぞ。

スポンサーリンク

作品情報

グランド・イリュージョン』はトランスポーターやタイタンの戦いなどで知られるルイ・ルテリエが監督を務めたスリラー映画。

主演にはソーシャルネットワークのジェシー・アイゼンバーグを迎え、マーク・ラファロやモーガン・フリーマンといった豪華顔ぶれも揃っている作品です。

あらすじ

マジシャンとして一流の腕を持つアトラスは、フォー・ホースメンというスーパーイリュージョニストグループを束ねていた。

彼らはマジックショーの中で、ラスベガスから一歩も動くことなく、パリにある銀行から金を奪ってみせた。

この件を受けて、次の計画を彼らが実行する前に食い止めようとFBI特別捜査官のディランが捜査を始めるものの…。
出典:Yahoo映画

キャスト

原題:Now You See Me
監督:ルイ・ルテリエ
時間:116分
出演:ジェシー・アイゼンバーグ/マーク・ラファロ/ウディ・ハレルソン/メラニー・ロラン/アイラ・フィッシャー/デイヴ・フランコ/マイケル・ケイン/モーガン・フリーマン他
製作国:アメリカ/フランス
製作年:2013年

グランドイリュージョンの感想

出典:YouTube

レンタル開始から観ようかなぁ~と思ってたけど、これまで何故か手が出なかった作品。続編も出たので今回鑑賞することになりました。

まず今回のグランド・イリュージョンは、4人のマジシャンの元に1枚のタロットカードが届き、4人はそれぞれ同じ場所に集められる。

集められた4人はラスベガスで大掛かりなイリュージョンを使い、銀行強盗などを行っていくが、その裏にはある目的があるみたいなスリラー要素が含まれた映画です。

手品の才能が全くといって皆無な僕ですが、手品番組とか結構好きで、いつも見るたび「どうにかしてトリックを暴いてやろう」と思うのですが、なかなか暴けない。

このグランドイリュージョンはそういった点でも楽しめる作品です。

ちょっと現実離れした演出も多いですが、イリュージョンのトリックに関しては巧妙に作られているのでマジック好きには堪らないじゃないですかね。

近づくほど見えなくなる

というセリフがあるのですが、まさにその通り!!

広い視野で物を見ないと絶対に暴けないし、謎も解けない。ポンコツな頭で見てましたけど、まんまと騙されたね。

そういう点では結構見応えはあったし面白かった。

だがしかーし!!

最後は何なんだ?あんな終わり方が許される訳がなかろうに!!!!

あれで全て台無しになった感じはありますね。

それさえなければよかったのになぁ~と本当思います。

まぁそうは言ってもね、エンタメ映画としても、スリラー映画としても良くできていたので観てよかった。

続編『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』も観てみたいと思います。

■追記
2作目観ました~。

見破られたトリックもなかなかおもしろかったです。

映画レビューはこちらから

映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』あらすじと感想-待望のスリラー映画第2弾
出典:公式サイト 今回映画レビューする作品はこちら『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』です。 まずは作品情報からどう...

見どころ

自分的なグランド・イリュージョンの映画の見どころを紹介していきたいと思います。

圧倒されるトリックの数々

画像8
出典:映画.com

大規模なイリュージョンや創造を超えるトリックの数々は”凄い“としか言えません。

映画なので多少盛っている部分はありますが、それでも見入ってしまいます。

ジェシー・アイゼンバーグ

画像2
出典:映画.com

この俳優さんは映画ソーシャルネットワークで圧倒的な存在感を魅せてから好きになりました。

今回のグランド・イリュージョンのような役もいいですが、ちょっとおバカな役だったり、癖のある役の方が合っていると思います。

評価とまとめ

本作の感想としては、結構楽しめたし、続編も観たくなりました。

でもサスペンス映画というよりは、エンタメ映画に近い感じなので強烈なサスペンスをご所望の方には物足りないと思います。

逆にスリラーが苦手な方には入りやすい映画だと思うので気になっている方は観てみてください。

今回の感想はこの辺で、よかったらどうぞ。

グランド・イリュージョン
評価

3.4
こんな人に
↓おすすめ↓

・It’s SHOW TIME

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ