実写版「鋼の錬金術師」の予告動画が解禁!!原作者荒川弘も絶賛か!?

%e9%8b%bc%e3%81%ae%e9%8c%ac%e9%87%91%e8%a1%93%e5%b8%ab
出典:公式サイト

ここでは荒川弘の大人気マンガ「鋼の錬金術師」の実写映画化の予告動画やキャストについて紹介しています。

スポンサーリンク

鋼の錬金術師とは?

鋼の錬金術師」は2001年から月刊少年ガンガンに連載されていた荒川弘の代表作の一つで、アニメ化やゲーム化などされていて、未だにファンも多い人気の作品となっています。

解禁された予告動画

鋼の術師はずっと”実写化される”と噂されてきましたが、今年になって実写化が夢ではなく現実のものになりました。

そんな第一弾目となる予告動画が解禁されたのでご覧下さい。

出典:YouTube

いつも実写化の話が出た時はそれなりに期待してたんですけど、最近の実写化された映画で期待を裏切られ続けてきたので、鋼の錬金術師の実写化も全然期待していなかったんですよ。

でもこれはどうでしょう!!なかなか良さそうではないですか?

予告動画を観た限りの感想だと”好印象“というか”期待値“が上がりました。

実写版 鋼の錬金術師のキャストは?

そう!気になるのはキャストですね。

少しだけ発表されているので紹介していきたいと思います。

エドワード・エルリック役

この作品の主人公エドワード・エルリックを演じるのは「山田涼介」。

%e5%b1%b1%e7%94%b0%e6%b6%bc%e4%bb%8b

彼は”アイドル”としてではなく、一人の俳優として挑んだ役だとも話しています。

■本人コメント

僕自身も小さな頃から読んでいたのですが、現実離れした世界観でありながらもヒューマンドラマがちゃんと描かれている、そこに多くの人が心を惹きつけられているのだと思います。原作ファンの方にはもちろん、原作を知らない方にも、この作品の凄さをスタッフ・キャスト一同で作り上げていけたらと思っています。
出典:公式サイト

ウィンリィ・ロックベル役

鋼の錬金術師のメインヒロインで、いなくてはいけない存在ウィンリィ・ロックベルを演じるのは「本田翼」。

%e6%9c%ac%e7%94%b0%e7%bf%bc

原作ファンからしてみると”それっぽいちゃぽい”というのが本音です。

他に適任な女優さんも思い付かないので、人選的には良かったのではないでしょうか?

■本人コメント

プレッシャーが凄いです。原作ファン、そして私たちの世代にこそ観て欲しいし、観たいと思わせる作品にできたらと思っています。
出典:公式サイト

ロイ・マスタング大佐役

エドと絡むことの多い”焔の錬金術師”ロイ・マスタング大佐を演じるのは、今ノリにノってる「ディーン・フジオカ」。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%82%ab

ん~。このキャスティングはありなのか?まぁ大佐の性格・見た目など考えると”あり“なのかも知れない…。

■本人コメント

人気のマスタング大佐を演じさせて頂くプレッシャーはありますが、原作ファンの皆様の大きなご期待を背負えるようにまずは身体をひとまわり大きく増量して、役作りに望みたいと思います。
出典:公式サイト

ラスト役

敵のホムンクルス”色欲”のラストを演じるのは「松雪泰子」。

%e6%9d%be%e9%9b%aa%e6%b3%b0%e5%ad%90

これはピッタリじゃないですか?ラストは色っぽい役で難しそうだけど、松雪泰子さんなら難なくこなしてラストになりきってくれそうな気がします。

■本人コメント

世界中にファンがいる今作。演じさせていただくキャラクターは原作ファンの方々の思い入れも強いキャラクターだとお聞きし身の引き締まる思いです。曽利監督とも、「ベクシル」以来二度目ですが実写の映画では初めてですのでどんな作品作りになるのか、楽しみにしております。
出典:公式サイト

監督

本作の「鋼の錬金術師」の実写化にあたり、メガホンを取ったのはピンポンなどで知られる「曽利文彦監督」。

アップルシードやICHI、TOなどを手掛け、ピンポンでは日本アカデミー賞を受賞した監督さんです。この監督さんなら”ハガレン“を任せても大丈夫か…な?

■本人コメント

「ピンポン」は企画段階から参加し、自らの想いが強く反映された作品ですが、本作はそれ以来となる、自らが立ちあげた作品であり、特別な思い入れがあります。「鋼の錬金術師」の世界観やテーマ性、そして”生きていくことの真実”を描いた、この素晴らしいストーリーを、幅広い世代にご覧いただけるよう、チーム一丸となって全力で取り組んでいきたいです。
出典:公式サイト

原作者

原作者はもちろんこの方「荒川弘先生」。

銀の匙、アルスラーン戦記(作画)など代表作ばかりですが、中でも一番の代表作とも言えるのが、今回実写化もされる「鋼の錬金術師」です。

■本人コメント

色々なメディア展開をしてきた鋼の錬金術師ですが、なんと実写化!マンガでは豆粒ドチビのすぐキレる主人公なので山田さんに演じていただくのは申し訳ない気分です…!!(あ、ヒロインもすぐキレますね。すみません…)曽利監督は漫画表現とリアル部分をつなぐCGを上手に使われる方なので、アニメやゲームとはまた違った表現を見せていただけそうで楽しみです。
出典:公式サイト

キャスト一覧

%e3%83%8f%e3%82%ac%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%88

エドワード・エルリック役:山田涼介
アルフォンス・エルリック役:未発表
ウィンリィ・ロックベル役:本田翼
ロイ・マスタング役:ディーン・フジオカ
リザ・ホークアイ役:蓮佛美沙子
エンヴィー役:本郷奏多
ドクター・マルコー役:國村隼
コーネロ教主役:石丸謙二郎
グレイシア・ヒューズ役:原田夏希
グラトニー役:内山信二
マリア・ロス少尉役:夏菜
ショウ・タッカー役:大泉洋
マース・ヒューズ中佐役:佐藤隆太
ハクロ将軍役:小日向文世
ラスト役:松雪泰子

実写版 鋼の錬金術師の劇場公開日はいつなのか?

劇場公開に関しては『2017年冬』としか発表されていなく、正確な日程はまだ決まっていない。

ま2016年の6月にクランクインしたばかりなので、まだ製作途中だと思われます。

正確な日程が決まり次第お知らせしたいと思います。

ハガレンのロケ地はイタリア?

実写版 鋼の錬金術師は”原作に沿った形で描きたい”という意向から、日本国内のロケではなくイタリアなどのヨーロッパでクランクインが開始され、予告動画でも映っていた通り、大自然の画が広がっている。

現代のCG技術を駆使してアニメや原作に近づくのではないでしょうか?

まとめと期待度

キャストを見た感じだとリオールの街での事件や列車内でのトレインジャック、あとはショウ・タッカーのキメラまでやるのかな?

思った通りの内容だとちょっと詰め込みすぎじゃないかな…。上手く纏めてくれればいいけど、飛ばし過ぎると失敗するから心配です。

まだキング・ブラッドレイやアームストロング少佐など鋼の錬金術師にはかかせない登場人物が多数出てきていないので、恐らく続編も考えているでしょう。

まぁまだ第一弾予告が解禁されたばかりなので、今後の情報を楽しみに待つことにします。また実写版公開に向けて単行本やアニメを観直すのもいいかもしれないですね。

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします