映画「バクマン。」あらすじと感想-大場つぐみの漫画を実写化

バクマン
出典:公式サイト

スポンサーリンク

バクマン。

映画 バクマン。」は大場つぐみ原作、小畑健作画による漫画が原作。2人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりや活動を描いている作品で、大場・小畑がタッグを組むのは「DEATH NOTE」から約2年ぶりとなる作品となっています。

また実写版は「第39回アカデミー賞」や「第37回ヨコハマ映画祭」「VFX-JAPANアワード2016」「第25回日本映画プロフェッショナル大賞」など数々の賞を受賞している映画で、テレビCMのナレーションには田中真弓や神谷明、野沢雅子などジャンプにゆかりのある声優さんが担当したのも話題となりました。

あらすじ

高校生の真城最高は高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの日々を送っていた。

ある日些細な出来事をきっかけに、秀才のクラスメイト・高木秋人に「俺と組んで漫画家にならないか?」と誘われる。

初めは一緒に漫画を描くことを拒絶していたが、声優を目指している片思いのクラスメイト・亜豆美保と「漫画家として、声優として、お互いの夢が実現したら結婚する」と約束したことから、漫画家への道を志すことになる。

果たして二人はジャンプ連載を勝ち取ることはできるのか…?

キャスト

原作:大場つぐみ/小畑健
監督・脚本:大根仁
製作:市川南
音楽:サカナクション
撮影:宮本亘
編集:大関泰幸
出演:佐藤健/神木隆之介/染谷将太/小松菜奈/桐谷健太/新井浩文/皆川猿時/宮藤官九郎/山田孝之/リリー・フランキー
配給:東宝
製作プロダクション:東宝映画/オフィスクレッシェンド

見どころと感想

出典:YouTube

原作コミックは未読で、アニメも1話だけしか観た事ありません。そんなに興味も無かったんですが、まぁ 一応観とこうかなと。

高校生男子二人が漫画家になって、ジャンプで一番を目指す。友情と努力で困難を乗り越え、夢に向かって突き進む青春ムービー。

ザックリ言えば、こんな感じの作品。

原作の内容は全然知らないし、好きな俳優さんも山田くんぐらいしか出てないっていう。

そもそも漫画本をあまり読まないので、漫画家になるまでの過程とか、連載を持つ苦労とか見せられてもピンと来ない。

ましてや漫画の描き方とか、テクニックの話とかされても、もはや異次元。

参ったわ、これ…

別に詰まらなくは無いですけど、この作品を観る前に、原作コミックやアニメに少しでも触れておくといいかも知れませんね。

見どころ

■山田くん
安定。

■小松菜奈
ああ、この娘は『渇き。』に出てましたね。お好きな方はどうぞ。

今作は、普段から漫画本をよく読む人にオススメしたい作品です。劇中、散りばめられた小ネタや登場作品など、きっとニヤリと出来るはず。

原作の再現度などは分かりかねますが、賞も取ってるって事で、きっといい出来なのではないでしょうか。

よかったらどうぞ。

バクマン。
評価
★★★★★
2.7点
こんな人に
↓おすすめ↓

・ジャンプ派

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします