映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」あらすじと感想-ジョニー・デップ主演のアクションアドベンチャー第2弾

%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%aa%e3%83%96%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%93%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88
出典:YouTube

今回映画レビューする作品は、大人気アクションアドベンチャーシリーズの第2弾目となる映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」です。

まずは作品情報からどうぞ。

スポンサーリンク

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」はディズニーのアトラクション”カリブの海賊”をモチーフにした海洋アクションアドベンチャー映画の第2弾。

今作のデッドマンズ・チェストは同時撮影した「ワールド・エンド」への期待を募らせるストーリー展開が特徴となっており、第79回ではアカデミー賞視聴効果賞を受賞した作品となっています。

あらすじ

ジャック・スパロウは、海底の支配者として悪名高い、さまよえる幽霊船”フライング・ダッチマン”の船長デイヴィ・ジョーンズに多額の借金があった。

ジャックは自分自身の保身のため、仲間であるはずのウィル・ターナーやエリザベス・スワンを裏切ってしまい…。
出典:Yahoo映画

キャスト

原題:Pirates of the Caribbean:Dead Man’s Chest
監督:ゴア・ヴァービンスキー
製作:ジェリー・ブラッカイマー
時間:150分
出演:ジョニー・デップ/オーランド・ブルーム/キーラ・ナイトレイ/ステラン・スカルスガルド/ビル・ナイ/ジャック・ダヴェンポート他

見どころと感想

出典:YouTube

前作「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」から引き続き、第2弾目となる「デッドマンズ・チェスト」を鑑賞致しました。

せっかく1作目を観たんだからシリーズ全部を観なおしてやろうと思ってます!!

はい。今作のデッドマンズ・チェストは、完全に前作の続きとなっていて、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)を逃がす手助けをしたウィル(オーランド・ブルーム)とエリザベス(キーラ・ナイトレイ)に逮捕状が出され捕まってしまう。そんな時ベケット卿に”ジャック・スパロウの持っているコンパスを持ってこい”と言われ、ウィルはジャックを探すため海に出る。

無事ジャックに会うことができたウィルは捕えられてるエリザベスを助けるためコンパスを渡すように迫るが、ジャックにはデイヴィ・ジョーンズとの契約の期限が迫っているのだった。最終的にはエリザベスを助けるためになるとジャックはウィルを丸め込め、”“と”“を求めるという内容。

その箱と鍵とは?中身は何なんだーッ!?

って初めて観る方は思うかもしれませんが、ネタバレになるので伏せておきます。僕は知っている上で観ているので”ふーん“って感じでしたけどね。

今回の話では”ブラック・パール号を入手した経緯“や”デイヴィ・ジョーンズとの血の契約“、”謎の女ティア・ダルマ“などの重要キーワードがメインとなり、話が進んでいきます。

中には”終わり方が微妙だ“との声もあるが、「ワールド・エンド」と同時期に製作され、続編ありきでの内容になっているので、それをわかっている上で観る分にはまぁ仕方ないんじゃない?って納得もできる。

ただ不満があるとすれば、「あまり海賊感がない」ということ。

呪われた海賊たちでは”アステカの金貨“といった誰でもわかるような財宝が登場し、バルボッサとの海賊らしい決闘をしていたが、デッドマンズ・チェストでは財宝は一切登場しないし、闘ってるシーンもあまりない。

これじゃあ海賊設定の意味がない

ただのアドベンチャー作品になっちゃいましたね。アクションシーンも微妙でコミカルになりすぎてるのも減点すべき部分かなぁ~と思います。

それに巨大なクラーケン(タコ?イカ?)まで出てくるし、アドベンチャーなのかコメディなのか、モンパニなのかよくわからなくなってくる…。

2作目にして少しブレてきた感はありますかね。まぁ3作目の布石とでも言いましょうか。

言っても記憶が確かであれば3作目も微妙なんですがね…。

何にせよ、デッドマンズ・チェストは好き嫌いが別れると思うので、期待しないで観れば楽しめると思いますよ~!!

見どころ

デイヴィ・ジョーンズ

見た目がキモイ!!顔はタコ足だらけだし、手はハサミになってるし…もうこの姿だけでモンパニだよ。

でも吹替を当ててる大塚芳忠さんの声は好きです。

フライング・ダッチマン号

船のフォルムがいいッ!!潜水もできるし向かい風では無敵の速度を誇ってるし最強の船と言ってもいいですね。はい。

フライング・ダッチマン“の名前の起源はオランダ人が喜望峰沖で遭難死、乗っていた乗組員は全員死亡。その事故があった同じ緯度に達した時に遭難した船の幽霊船を見つけた時の話が由来で「フライング・ダッチマン」と呼ばれるようになったそうです。

まとめと評価

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストは内容が薄いわりには約2時間30分の時間となっているけど、そこまで長く感じられなかったのが不思議です。
前作よりコミカルになったのが要因なのかな?

何回も観てる作品だから嫌いではないし、つまらないとも思わなかったけど”1作目に比べると…”という部分はありますね。

それでも観始めちゃったので最後まで観ようという使命感になっているので観た作品からレビューを上げていきたいと思います。

今回の感想はこの辺にしておきましょう。よかったらどうぞ。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
評価

3.2
こんな人に
↓おすすめ↓

・タコ足配線にご注意を!

■パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズの映画レビューはこちら

■動画配信サービスはこちらからどうぞ
動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします