映画「オオカミ少女と黒王子」あらすじと感想-山崎賢人・二階堂ふみ主演で実写映画化

%e3%82%aa%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%9f%e5%b0%91%e5%a5%b3%e3%81%a8%e9%bb%92%e7%8e%8b%e5%ad%90
出典:公式サイト

今回映画レビューする作品は、人気コミックを山崎賢人と二階堂ふみ主演で実写映画化したラブコメディ「オオカミ少女と黒王子」です。

まずは作品情報からどうぞ。

スポンサーリンク

オオカミ少女と黒王子

オオカミ少女と黒王子」は別冊マーガレットで連載され、アニメ化もされた八田鮎子による人気コミックを実写映画化したラブコメディ。

主演には山崎賢人、二階堂ふみを迎え、ストロボ・エッジや娚の一生などの少女コミックの映画化を手掛ける廣木隆一が監督を務めている作品です。

あらすじ

見栄っ張りな女子高生・篠原エリカは、付き合ったことがないのに彼氏との恋愛話を語っていた。

友人に誘われた彼女は街で見つけたかっこいい男子を自分の彼氏だと偽るが、彼は同じ高校の佐田恭也だった。

事情を打ち明け彼氏役を引き受けてもらうが、学校で王子と騒がれる恭也の本性は、Sっ気が強く性格は悪かった。

さらに彼氏役の代償として、エリカは彼の”犬”になることを命じられ…。
出典:Yahoo映画

キャスト

原作:八田鮎子
監督:廣木隆一
時間:116分
出演:二階堂ふみ/山崎賢人/鈴木伸之/門脇麦/横浜流星/池田エライザ/玉城ティナ/吉沢亮/菜々緒他
主題歌:back namber/「僕の名前を」
製作国:日本
レンタル日:2016年10月19日

見どころと感想

出典:YouTube

TVアニメは全話観たし、この作風なら実写映画化しても当たり障りないだろうな~って思い鑑賞。

ですが、本命は”二階堂ふみ“目当てですッ!!

かわいすぎてヤバイわ!

本作のオオカミ少女と黒王子の内容ですが、見栄を張って”彼氏がいる”と嘘を付いていた篠原エリカ(二階堂ふみ)が、友達の手塚愛姫(池田エライザ)と立花マリン(玉城ティナ)らに彼氏の顔も見たことないと影で言われ、「本当は彼氏はいないのではないか?」と疑いを掛けられたのに焦りを感じ、街でイケメン(山崎賢人)を見つけ盗撮する。

しかし、その盗撮したイケメンは同じ学校の”王子“と呼ばれる佐田恭也で、恭也に事情を話し彼氏のフリをしてもらう代わりに絶対服従の”犬”となる。

人前では偽装カップル、二人では主人と飼い犬の関係だったが次第に惹かれあっていく~みたいなベタなラブストーリーですね。

中高生には山崎賢人のドSっぷりな発言や行動にキュン死にするような場面が多いですが、20代~の人には物足りないかな。ってかそんなベタな内容じゃキュンともスンとも来ない。

じゃ何で観たの?」とか言われそうですが、それは「アニメ版を観たから?」としか言えない。

でもね、そんな俺でも共感できる部分もあるんだよ?

例を挙げると、食事を食べる前にエリカがスマホで写真を撮るシーンがあるんだけど、男ってそういうのあんまりしないじゃん?「むしろ早く食おうよ」ってなる描写だったりとかね。

その他にもあるけど、ひとそれぞれ恋愛観は違うし、ひたすらディスりそうだから自重しておきます…。

さて話は戻りますが、本作のオオカミ少女と黒王子ですが、原作は見てないので詳しくはわからないが、アニメ版と比べると設定などがちょいちょい違うのが目につきます。

てか、さんちゃんと別の学校にする意味あった?

アニメしか観てないからわかんないけど、アニメ版の設定だと同じ学校で恭也とさんちゃんが同じクラスだったはず…。

原作だと違うのか?

あとはエセ正義の味方の山本ね。

どこ行った?

ここまで違うとちょっとガッカリ感ハンパないわ…。

アニメ版を観て意外と面白かったイメージがあるけど、実写版のオオカミ少女と黒王子はぶっちゃけ面白くない!!

批評の感想ばかりで申し訳ないですがご了承いただきたい。

まず具体的に何がダメだったかというと、設定変更の必要のない部分まで変更してたり、無駄にオシャレ感を出した音楽の挿入、シーン区切りのぶつ切りさ加減など挙げればキリがないです。

これは前にも書いたことありますが、原作ありきの実写映画化なのに、設定を変えるってどういうこと?尺の関係でやむを得ない部分はあるかもしれませんが、この映画に関しては失敗だったね。

なーのーで、途中で開き直って”二階堂ふみの可愛さ“を堪能する方向にシフトしました。

見てるだけで癒されるってこういう事を言うんだね。

まぁ今回のオオカミ少女と黒王子の出来に関しては、二階堂ふみの可愛さに免じて作品の不満をチャラにしてあげようではないか。

見どころ

■二階堂ふみ
とにかく可愛い!!可愛すぎるッ!!!

ポスト”宮崎あおい“と言われるほどあって少し似てる気がします。

雑談ですが、昔、生田斗馬主演の脳男で首を絞められたシーンがあったのですが、監督指示で二階堂ふみが生田斗馬に絞め落とされた出来事があり、その際に「みんな死ねって思いました」と可愛い顔で語っていたのが印象的です。いくら役とは言え不本意で絞め落とされたらそう思っちゃうよね~。

■神戸の街並み
ポートタワーやメリケンパーク、異人館や中華街(南京町)など誰もが知ってる有名な観光地が盛り沢山です。

これは俺だけかもしれませんが、実際に行って見たことのある景色や街並みが映ったりするとテンション上がるんですよね~。

■ビーナステラスの南京錠

どの県にも”南京錠を掛けて愛を誓う”みたいな場所あるんだね。

この映画で使われた南京錠はロケが終わった後外されたのかな?そういう所は若干ミーハーなので、もしあるんだったらちょっと見てみたい気もする。

まとめと評価

今回のオオカミ少女と黒王子ですが、色々中途半端な作品でした。

もっと内容を忠実に再現してくれたら面白くなったんじゃないかなぁ~って思います。(原作は未読です)

アニメ版や原作を観たことない人は楽しめるかもしれませんが、あまりオススメできないですね。酷評されている作品ほど逆に観てみたくなる場合もあるかと思いますが、そういった人は実写版を観てからアニメ版または原作を観た方がいいと思います。

ちなみにアニメ版の王子役は櫻井孝宏さんなのでイケボです。

他にも「山崎賢人のドSっぷりを観たい」や「二階堂ふみの可愛さを堪能したい」という方は、それだけでも楽しめるでしょう。

オオカミ少女と黒王子の感想はこの辺で、よかったらどうぞ。

 

オオカミ少女と黒王子
評価

2.3
こんな人に
↓おすすめ↓

・ドSまたはドM

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします