映画「白い沈黙」あらすじと感想-アトム・エゴヤン監督最新作

白の沈黙
出典:公式サイト

スポンサーリンク

白い沈黙

白い沈黙」は失踪した娘を探す父親が≪8年間の空白≫に迫るサスペンス・ミステリー映画で、監督は「スウィート・ヒアアフター」や「デビルズ・ノット」のアトム・エゴヤンが務めていて、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、大きな反響を呼び話題になりました。

また海外ドラマ「THE KILLING~闇に眠る少女」で並々ならぬ演技力を発揮したミレイユ・イーノスやブレイク・ライヴリーとのプライベートも注目される”今が旬”のライアン・レイノルズら実力派の俳優陣が集結して、キャスト一丸となって作り上げられた「白い沈黙」はオリジナリティー溢れる作品になっています。

あらすじ

カナダ・ナイアガラフォールズの街でつつましくも幸せな家庭を築き上げたマシューだったが、ある吹雪の日、スケート選手を夢見る9才の愛娘キャスを迎えに行った帰り道のこと。行きつけのダイナーに立ち寄ったほんの数分の間に、車の後部座席に残したキャスが忽然と姿を消してしまったのだ。

何者かによる誘拐を主張するマシューだったが、具体的な物的証拠や目撃情報は一切なく、刑事からの疑惑の目を向けらることとなる。

誘拐を主張してから8年。捜査は完全に行き詰っていた。

娘を守れなかった自責の念に駆られたマシューは、毎日あてどなく車を走らせてキャスを捜しまわっているが、そんなある日、刑事がネット上でキャスに似た少女の画像を発見し、その後も彼女の生存を仄めかす手掛かりが次々と浮上する。

それはいったい誰が、何のために発したサインなのか?キャスは本当に生きているのか?

マシューの行く手に待ち受けていたのは空白の8年間をめぐる想像を絶する真実だった…。

キャスト

監督・原案:アトム・エゴヤン
脚本:アトム・エゴヤン/デヴィッド・フレイザー
製作:アトム・エゴヤン/シモーン・アドール/ジェニファー・ワイス/スティーヴン・トレイナー
製作総指揮:パトリス・セロー/ブライアン・グリザーマン/ミシェル・ペタン/ロラン・ペタン
音楽:マイケル・ダナ
撮影:ポール・サロッシー
編集:アトム・エゴヤン/スーザン・シプトン
出演:ライアン・レイノルズ/スコット・スピードマン/ロザリオ・ドーソン/ミレイユ・イーノス
製作会社:エゴ・フィルム・アーツ/フィルム・ファーム
配給:A24/キノフィルムズ

見どころと感想

出典:YouTube

監督・脚本がアトム・エゴヤンってだけで、なんか面白そうだなって思えてしまう。

って訳で鑑賞です。

カナダで起きた少女誘拐事件。被害者の家族とそれに関わる人たち、事件の裏に潜むアレやコレや…。
事件発生から8年後の現在を、時間軸を巧みに入れ替え、スリリングに描き出す。

ハイ。こんな感じのサスペンス・ミステリーです。

うん、普通

可も無く不可も無く、不味くは無いけど美味くも無い。
鑑賞後、しばらくしてから内容を聞かれても、答えられる自信が無い。

きっと忘れてしまっている事でしょう。

まぁ、そうは言っても1時間50分の尺と、そこそこいいキャストで腹八分目の満足感はありましたけどね。

アトム監督に対する個人的な期待度が高過ぎて、ちょっと肩透かしを食らった感はありますが、作品自体は決して悪いものではありません。

ジックリ落ち着いた雰囲気と、最後まで持続する緊張感は、流石と言ったところ。

あとは、グリーン・ランタン…間違えました。ライアン・レイノルズが嫌いじゃなければ、そこそこ楽しめるのではないでしょうか。

見どころ

■カナダの景色
雪だらけ。寒そうだ。

■ミレイユ・イーノス
この人はお上手ですね。どんな役でもそつ無くこなせる、いい女優さんだと思います。出演作も続いてるみたいで、やっぱり こういう女優さんは重宝されるでしょうね。

以上です。

今作はサスペンス・ミステリーになるので、あまりツラツラ書いてしまうと、ネタバレになってしまいそうなんでこの辺で止めときます。

ただ、この作品。観ながら推理するっていう物じゃ無かった様な気がする。

謎なんてあったっけ…?

白い沈黙
評価
★★★★★
2.8点
こんな人に
↓おすすめ↓

・鉄腕

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします