映画「デッドプール」あらすじと感想-ライアン・レイノルズ主演の無責任ヒーロー

%e3%83%87%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%ab
出典:公式サイト

今回映画レビューする作品は、X-MEXのスピンオフでいい加減なヒーローをライアン・レイノルズが演じた映画「デッドプール」です。

まずは作品情報からどうぞ。

スポンサーリンク

デッドプール

デッドプール」はマーベルコミック原作の「X-MEN」のスピンオフ作品となっていて、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場した異色のヒーロー”デッドプール“を主役として描いているヒーロー映画。

本作はティム・ミラー監督、ライアン・レイノルズ主演で放つアクション作品で、MTVムービー・アワード2016のベスト・ファイト賞をはじめとする数々の賞を受賞・ノミネートされ話題になった作品です。

あらすじ

ウェイド・ウィルソンは、以前は優秀な特殊部隊の傭兵として活躍していたが、今は悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいる。

すっかり正義のヒーロー気取りの彼は恋人との結婚も決まり幸福の絶頂にあったが、いきなり末期のガンだと診断される。

とある組織にガンを根治できると聞いたウェイドは、彼らに同行して人体実験を受ける。

出典:Yahoo映画

キャスト

原題:Deadpool
原作:レット・リース/ポール・ワーニック
監督:ティム・ミラー
時間:108分
出演:ライアン・レイノルズ/モリーナ・バッカリン/エド・スクライン/T・J・ミラー/ジーナ・カラーノ他
製作国:アメリカ
レンタル日:2016年10月5日

見どころと感想

出典:YouTube

何かとお騒がせなライアン・レイノルズがまたやってくれました、デッドプール!超期待して待ってたので早速 鑑賞致しました。

クッソ面白いッ!!

ここまでナメプしといてちゃんと映画になってるって凄いね。感心したわ。

でも、ちょっと聞きたいんですけど「デッドプールってメジャーなん?」。みんな知ってるキャラなのか?俺、名前ぐらいしか知らなかったんですけど、もっとこうね、マジでアホでクソ野郎なのかと思ってたんですけど、結構、て言うか普通にいい奴なんじゃん。これは人気出るよね。

内容もバリバリのアクション(CG)でバイオレンス表現もなかなか、下ネタもふんだんにブッ込んで来て、観ていて楽しくてしょうがない。よく喋る主人公がかまして来るジョークが俺の笑いのツボに会っていたのか、ずっとニヤニヤしながら観てましたね。

ところで、コイツもX-MENに加わるのかい?だとしたらヤバくないか…。そんなの超面白くなるよ。その辺は今後の展開に期待ってとこですかね。

今作はデッドプールの事をよく知らないにもかかわらず、超期待して、超ハードル上げてからの鑑賞でしたが、見事にその期待に応えてくれました。マジでゲラゲラ笑いました。

ただですね、だからと言って今作が万人受けするかと言われれば、それはちょっと際どいところ。ぶっちゃけ今作は笑いのツボが合ってるか合ってないかです。合ってないと、のっけから完全に冷めちゃいますね。

頭空ッポにして、コイツはこういうヤツなんだって受け入れてしまった方が楽しめると思います。多分ね。

見どころ

■ライアン・レイノルズ
黙ってりゃカッコいい男、ライアン。器用な俳優さんなのは間違いない。いつもはヘッポコなのに、何年かに一度、狙いすましたかの様にかまして来る。

俺的オススメは『ブレイド3』…、やっぱヘッポコだわ。

まとめ

自分は非常に楽しめたんですが、この手のノリが好きじゃない方、冷めてしまう方の意見も分かる気はします。う〜ん、なんて言うんですかね、まぁ、ぶっちゃけわざとらしいですからね。画面に話しかけたりとかね。

ダメな人はとことんダメな映画です。逆にストライクな人にとっては唯一無二の作品になる、かもです。

今作の感想はこの辺で、よかったらどうぞ。

 

デッドプール
評価
★★★★
4.1
こんな人に
↓おすすめ↓

・呼んだ?

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします