映画「ミケランジェロ・プロジェクト」あらすじと感想-実話に基づいたサスペンス

ミケランジェロプロジェクト
出典:公式サイト

スポンサーリンク

ミケランジェロ・プロジェクト

ミケランジェロ・プロジェクト」はジョージ・クルーニーが監督・脚本・製作・主演を務める実話を基にしたドラマ映画で、、ロバート・M・エドゼルの『ナチ略奪美術品を救え-特殊部隊「モニュメンツ・メン」の戦争』が原作となっている。

第二次世界大戦時にヒトラーによって重要な美術品や文化財が破壊される前に奪還を試みる連合軍の活躍が描かれている作品です。

あらすじ

ナチス・ドイツ総統アドルフ・ヒトラーの命を受け、ドイツ軍は進行した欧州各国の美術品を略奪。

それに危機感を抱くハーバード大学付属美術館の館長ストークスはルーズベルト大統領を説得し、美術品や歴史的建造物を保護する部隊モニュメンツ・メンを結成する。

中世美術に精通したグレンジャーや建築家キャンベルなどのメンバーを集め、ヨーロッパ各地を疾走。

だが、劣勢を強いられて自暴自棄になったナチスや、妨害しようとするソ連が彼らの前に立ちはだかる…。

キャスト

原作:ロバート・M・エドゼル/ブレット・ウィッター
監督:ジョージ・クルーニー
脚本・製作:ジョージ・クルーニ-/グラント・ヘスロヴ
製作総指揮:バーバラ・ホール
音楽:アレクサンドル・デスプラ
撮影:フェドン・パパマイケル
編集:ルイ・ディアス/スティーヴン・ミリオン
出演:ジョージ・クルーニー/マット・デイモン/ビル・マーレイ/ジョン・グッドマン/ケイト・ブランシェット/ヒュー・ボネヴィル/ボブ・バラバン/ジャン・デュジャルダン
製作会社:スモークハウス・ピクチャーズ
配給:コロンビア映画/プレシディオ

見どころと感想

出典:YouTube

超豪華キャストの美術品強奪作戦。

しかも、実話。

そんなん面白いに決まってんじゃん!

期待に胸を膨らませ、レンタル開始を待ちに待っていた作品。

って訳じゃない。

ああ、コレね。まぁ、観てみっか

ぐらいの、気の抜けた感じで鑑賞。

うん、普通です。

戦時中の雰囲気は出せてたと思うし、約二時間ある尺もテンポ良く進み飽きさせない。
“実話サスペンス”にありがちな重苦しい空気も無く、全体的に軽めのタッチで描かれた今作は、それこそ万人ウケしそうな良作と言ったところ。

なもんで、面白かったって事でオススメしても差し支えないとは思います。

が、いかんせん この美術品強奪作戦って話自体に興味が無いと、自分のように

ふ〜ん。そうなんだぁ

ぐらいの感想で終わってしまう危険性もあるので悪しからず。

では、見どころを少々。

まず、キャスト。

多くの人がこの作品を手に取る理由はここでしょう。

まー、豪華だわ。

あっち見てもこっち見ても名のある俳優さんだらけで、よくもまぁコレだけ集めたなっといった感じ。
欲を言えば個人的に大好きな、ケイト・ブランシェットにもうちょっと活躍して欲しかった。

次、劇中出てくる美術品の数々。

実はこの映画で一番頑張ったところはココだったりする。

セットや衣装を始め、撮影に使われた ありとあらゆる美術品は本物さながらの美しさ…らしいです。

まぁ、こんな感じでボチボチ楽しめる作品なので興味がある方はどうでしょうか?

ミケランジェロ・プロジェクト
評価
★★★★★
3.0点
こんな人に
↓おすすめ↓

・目利きの人

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします