映画「ボーダーライン」あらすじと感想-エミリー・ブラント主演のサスペンス

ボーダーライン
出典:公式サイト

今回映画レビューする作品はこちら!!アカデミー賞にもノミネートされた「ボーダーライン」です。

まずは作品情報からどうぞ。

スポンサーリンク

ボーダーライン

ボーダーライン」は”灼熱の魂”や”プリズナーズ”のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務める映画で、原題の”Sicario“はスペイン語で”殺し屋“という意味のタイトルとなっています。

作品にはエミリー・ブラントをはじめとする豪華キャストが集結しており、第88回アカデミー賞にノミネートされた作品となっています。

あらすじ

優秀なFBI捜査官のケイトは、メキシコ麻薬カルテルの全滅を目的とした部隊に入り、特別捜査官のもとで極秘任務に就く。

ケイトは早速、謎めいたコロンビア人と共に国境付近の捜査を開始。

人が次々と亡くなる現実を突き付けられたケイトは…。

キャスト

原題:Sicario
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
時間:121分
出演:エミリー・ブラント/ベニチオ・デル・トロ/ジョシュ・ブローリン他
製作国:アメリカ
レンタル日:2016年9月2日

見どころと感想

出典:YouTube

エミリー・ブラントとジョシュ・ブローリンと、そして何とベニチオ・デル・トロ。これは観ておかないとね。前々から気になっていた作品でもあるので期待を込めて鑑賞致しました。

なかなか面白かったです。

今作はメキシコの麻薬カルテルを調査する謎の組織に、FBI捜査官の主人公(エミリー・ブラント)が引き抜かれるところから始まります。そこで指揮を取っているのがジョシュ。彼らに同行して”二日酔いのブラピみたいな顔“しているのがデル・トロです(俺の知人がそう言ってました)。

FBIが誘拐事件の容疑者の家に乗り込んで行ったら、その家の壁の中から全く別件の死体を多数発見、調べてみたらメキシコの麻薬カルテルに繋がっていたって感じです。

まぁこれね、そこまで複雑な話じゃないですし、”“の部分も変に焦らすこと無く、劇中で徐々に荒らされて行きます(そもそも大した謎でもないですしね)。「へ〜、そうなんだ〜」ってぐらいで淡々としてますね。ちょっと拍子抜けするぐらいです。

だだね、今作は緊張感を保つのが非常に上手いです。そのおかげで淡々としてイマイチ盛り上がりに欠けるストーリーも、追っていく事が苦になりません。これはサスペンスとして超重要な事で、これが出来ている作品と出来ていない作品とでは違いがハッキリと出てしまいます。分かりやすく言うと…

タルいか、タルくないか」です。

出来てない作品は集中力が続かないですよね、タルいんで。もともとサスペンスなんてもんはタルく出来てるんで、ある程度はそういうもんだと言い聞かせて観てるところはあるんですけど。いや〜、今作はそういうのじゃ無くて良かったわ。尺は2時間ぐらいありましたかね?「あ、もう終わちゃった」って感じでしたからね。なんで、俺的には今作は好印象な作品ですね。

メキシコの麻薬カルテルを追う”謎の組織“、彼らは一体何者なのか?そして彼らに同行する”“は何者なのか?

注意:こんな風に書きましたが大した事ないんで、そこはあんま期待しない方が宜しいかと。

見どころ

■エミリー・ブラント
そうね、あえて言うなら”癖になる顔“?あ〜いやいや、彼女の事は好きなんですよ、好きなんですけど「なんで俺、エミリー・ブラントの事、好きなんだろう?」と、今回まじまじと思ってしまいまして。ちょっと考えてみた答えがコレでした。なんかね、彼女の”鼻から下“が癖になるんですよね(口元って言えや)。

■ベニチオ・デル・トロ
彼の事をカッコいいと思ったのは、おそらく今作が初でしょう。いや、だっていっつも変な役ばっか演ってんじゃん。それでいいんだと思ってたよ。たまに真面目な映画に出て、出来るところを見せ付けてからの、また変な役。これだから役者って奴は…。

俺的オススメは『ハンテッド』って、知ってる?これマジ面白いよ。要チェック。

まとめと評価

面白かったです。最近、観た映画の中では上位に食い込んできますね。正直、かなり平坦なストーリーなんですけど、そこは見せ方、展開の上手さでカバー、みたいな?

いや、でもね、なかなか出来ないんですよこれ。見せたい物、やりたい事、が優先してしまって観てるこっちは退屈、みないな?

今作を観終わって、これ撮った監督さんが、他に何撮ったか ちょっと気になって、何気に調べてみて納得しました。「あ〜、ハイハイハイ」みたいな?

今作の感想はこの辺で、よかったらどうぞ。

ボーダーライン
評価
★★★★★
3.8
こんな人に
↓おすすめ↓

・あ〜癖になる

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします