映画「チリ33人 希望の軌跡」あらすじと感想-チリで起きた事故を基にした実話

チリ33人
出典:公式サイト

今回映画レビューする作品はこちら。実際に起こった鉱山事件を描いた映画「チリ33人 希望の軌跡」です。

まずは作品情報からどうぞ。

スポンサーリンク

チリ33人 希望の軌跡

チリ33人 希望の軌跡」は2010年にチリで起きたコピアポ鉱山落盤事故をエクトル・トバールの原作「Deep Down Dark」を基に作られた実話映画。

あらすじ

2010年8月5日、チリ。

100年以上にわたって続いてきたサンホセ鉱山で、大規模な事故が発生する。

食料と水の備蓄が3日分しかなかったことから、マリオをはじめとする生き埋めになった33人の作業員が生存している可能性は低いと思われていたが、事故から2週間以上のち彼らの無事が判明。

やがてゴルボルン鉱山大臣の指揮のもとで国際救助チームが編成され、大規模なレスキュー作戦が進められていく。

一方、地上から隔絶されてしまった彼らには、さまざまな問題が生じ…。

出典:yahoo映画

キャスト

原題:The 33
原作:エクトル・トバール
監督:パトリシア・リゲン
時間:127分
出演:アントニオ・バンデラス/ロドリゴ・サントロ/ジュリエット・ビノシュ/ジェームズ・ブローリン/ルー・ダイヤモンド・フィリップス/マリオ・カサス他
製作国:チリ/コロンビア
レンタル日:2016年8月24日

見どころと感想

出典:YouTube

アントニオ・バンデラスとルー・ダイアモンド・フィリップスが俺を呼んでいる

呼ばれたからには観なければ。

まぁね、映画を観る理由なんて そんなもんですよ。どこどこの賞を取ってるからとか、優れた映像作品だからとか、そんなん関係ないですよ。好きな俳優が出てて面白そうなら観てみればいいんです。

てな訳で、面白そうだったんで観てみました。

今作は2010年に実際に起きた『コピアポ鉱山落盤事故』の映画です。

俺ね、この事故の事、全く覚えてないんです…

いや、ほんと申し訳ない。6年前とは言え、全世界が注目したチリの落盤事故なのに、全然、全く、これぽっちも覚えてない。

これはきっと、キャトルミューティレーション喰らいましたね

はい、まずですね、皆さん、こちらの作品にどういうイメージをお持ちですかね?チリの鉱山で働く作業員達が落盤で閉じ込められるお話ですからね、”パニック映画“って感じですかね?

うん、それ、合ってますね

合ってるんですけど、いわゆるディザスター・パニックとはちょっと違います。実話がベースになっているので、いかにもパニック映画的な派手な演出、展開、は控え目です(そうは言っても落盤の迫力はかなりの物)。なので、多少の物足りなさは否めません。画的な話ですけどね。

まぁでも、あまり脚色しちゃうと、実際、事故に遭われた方々の心情もありますからね、これぐらいでいいと思います。やっぱ、こういう部分が実話系の映画の難しさなんでしょうね。

今作はパニック映画の中でもドラマ寄りの作品になります。落盤、ドーンッ!!土砂崩れ、ブァーッ!!からのバンデラスとルーの”オレ達、年食ってもまだまだやれるぜ“的なアクションを期待してしまうと若干の肩透かし、と言うよりは、普通に肩透かしを喰らいます。俺のように…。

この映画はですね、69日間もの間、鉱山に閉じ込められた33人の作業員達が、一体どのようにして生き抜いたのか、肉体的にも、精神的にも、限界ギリギリ極限状態。その中での人間ドラマ、それを観る映画ですね。

俺が期待していた物とはちょっと違いましたが、なかなか面白かったです。

見どころ

■アントニオ・バンデラス
最近、奴は俺の期待に応えてくれる気は無いらしく、今作も割と真面目なバンデラス。一体どうしたと言うんだ…。年か?年のせいか?まだまだやれるはずだ、頑張ってくれ。

俺的オススメは『デスペラード』、って言うと思ったでしょ?確かに面白い、最高。でも今回は『私が、生きる肌』。たまには、こういう映画も観るんだって事をアピールしておかないと。

■ルー・ダイアモンド・フィリップス
マジで久し振り。今まで、どこで何をやっていたんだ?待たせやがってェ…。バンデラスと一緒になって何かやらかしてくれるはずと期待していたのに、完全に真面目スイッチON。もぉー!!

俺的オススメは『ヤングガン』、もいいけど、そこはやはり『ペンタグラム/悪魔の烙印』。ご存知の方、いらっしゃいますか?テレビでよくやってましたよね。物凄くジャンプするやつです、敵がね。

まとめと評価

ツラツラ書きましたけど、けっこう面白かったです。面白かったと言えるのも、落盤事故で閉じ込められた33人の作業員の方々が全員無事、生還できたからこそだと思います。

これは本当によかったですよね。

映画の最後に、現在の33人がお互いに肩を組み輪になって映るカットがありますが、非常に印象的でいい画でした。実際にチリで起きた鉱山落盤事故、そこからの奇跡の生還、これはまさに奇跡ですよね。皆さんも機会があればご覧になってはいかがでしょうか。

今作の感想はこの辺で、よかったらどうぞ。

 

チリ33人 希望の軌跡
評価
★★★★★
3.6
こんな人に
↓おすすめ↓

・ツナ缶一個を33人で分けるとか。

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします