映画「ヴィジット」あらすじと感想-M・ナイト・シャマランがやらかした!?

vijitto
出典:公式サイト

スポンサーリンク

ヴィジット

ヴィジット」はシックス・センスやアンブレイカブルを手掛けたM・ナイト・シャマラン監督の最新作となっていて、M・ナイト・シャマランが監督・脚本を務めた映画で、自身8年ぶりとなるスリラー映画へと原点回帰した作品となっている。

また無名のキャストを起用し、少し先の展開さえ予想できないストーリーが繰り広げられる、今まで以上に不気味で不穏な雰囲気に包まれた世界観が特徴で、M・ナイト・シャマランが最も好きなジャンル、本当の恐怖が味わえる映画を作ることにこだわった作品です。

あらすじ

-あなたは絶対に”その約束”を破ることになる-

休暇を利用して一週間祖母の家で過ごすことなる。優しい祖父と料理上手の祖母に迎え入れられ、母親の実家へと到着した2人。

しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、「楽しい時間を過ごすこと」「好きなものは遠慮なく食べること」「夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと」という奇妙な「3つの約束」が伝えられる。

この家は何かがおかしい…。夜9時30分を過ぎ、異様な気配で目が覚める2人。

部屋の外から聞こえるただ事ではない物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。

そこで2人が目にしたものとは…!?

キャスト

監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:マーク・ピエンストック
製作総指揮:スティーヴン・シュナイダー/アシュウィン・ラジャン
撮影:マリス・アルベルチ
プロダクション・デザイン:ナーマン・マーシャル
編集:ルーク・シアロキ
衣装:エイミー・ウェストコット
音楽監修:スーザン・ジェイコブス
キャスティング:ダグラス・エイベル
出演:オリビア・デヨング/エド・オクセンボールド/ディアナ・デュナガン/ピーター・マクロビー/キャスリン・ハーン

見どころと感想

出典:YouTube

久し振りのM・ナイト作品。さあ、今度は何をやらかしてくれるのか?と期待と不安に胸を膨らませながらの鑑賞。

オイオイ、これはもう何と言うか…。

親戚んちのババアとお風呂でバッタリを遥かに超える衝撃。

参った。

俺はババアのケツなんて見たくねぇんだよッ!

そういうので来たかM・ナイト。

正直『アンブレイカブル』以降、この監督の撮った作品はあまり好きじゃない。独特の雰囲気に乗り切れず、話自体は面白いのにイマイチ楽しめない。『アフター・アース』なんて酷いもんだった…。まぁ、それはそれとして。

じゃあ、今作はどうなのか?

結論から言うと…。

面白いですッ!

ぶっちゃけ話はどうでもいい感じだし、一応POVみたいだけど雰囲気があんまし出せてないような気もするしで、

あぁ、またやらかしてくれたわ

ってガッカリして眠たくなって来たところに、ババアの半ケツ‼︎

目が覚めたわ。

これは”してやられた“としか言いようがない。

その後は、ジジイとババアの奇行に身を委ね、最後まで楽しく鑑賞する事が出来ました。どうやら巷の評判もボチボチいいらしく、オススメしても差し支えないのかなと。

見どころは、ババアの半ケツ。

以上!

ヴィジット
評価
★★★★★
3.8点
こんな人に
↓おすすめ↓

・ババア好き

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします

コメント

  1. 匿名 より:

    つまり…ババァの半ケツも悪くないって事でOKですか?

  2. 現役レンタルショップ店員 より:

    名無しさん。
    コメントありがとうございます。
    OKですッ‼︎未見ならば是非ご覧下さい‼︎
    ババアの半ケツも悪く無い‼︎笑