映画「パンデミック・フライト」のあらすじと感想-機内感染を描いたシチュエーションスリラー

パンデミックフライト
出典:YouTube

スポンサーリンク

パンデミック・フライト

パンデミック・フライト」は機内の中で究極の選択を迫られるソリッド・シチュエーション・スリラー映画で、航空パニックのスリルが加わった緊迫のエンターテインメント作品となっています。

あらすじ

– 致死率100%の機内感染。その巨躯が人類の破滅を招く –

町を疾走する一台の車、中には母親と子供。

二人は正体不明の感染パニックに陥ったイギリスを脱出するため、空港に向かっていた。

しかし、二人を待つはずの飛行機は、二人を残して飛び立ってしまう。

一方、その機内では乗務員が乗客の幹線チェックをはじめたが、乗客の中から感染者が発見され、彼らを感染のない国に運ぶか否か、意見の対立が始まる。

やがて両者の対立は墜落の危機へとつながっていく。

大切なのは、乗客の命か、それとも人類の存続か…。

キャスト

監督:アンソニー・ウッドリー
製作:ルーク・ヒーリー/アンソニー・ウッドリー
脚本:ヘレン・キングストン/アンソニー・ウッドリー/ステファン・ミッチェル/ルーク・ヒーリー
撮影:カール・クラーク
音楽:ビリー・ジュップ
出演:エドムンド・キングスレー/ジャック・ゴードン/レベッカ・ジョンソン/ジョジー・テイラー/カレン・ブライソン/ジョー・ディクソン/ゾーラ・ビショップ
レンタル日:2016年7月2日

見どころと感想

出典:YouTube

作品のタイトルそのまんまの内容です。飛行機の中での感染系のパニック・スリラー?ですかね。ただ、ひとつ注意点があります。

ゾンビは出て来なーい

もうね、この時点でヤル気が無くなるっていうね。ちゃんと調べておかない俺が悪いんだが…。

やっぱ、タイトルに”オブ・ザ・デッド”とか付いてないとダメなのか?

ゾンビが出て来ないから怖くないし(出て来ても怖くは無いけど)、クソ真面目に人間ドラマを見せられても、俺の心は動かない。

感染すると顔がボコボコに腫れて来ちゃうんだけど、そんな特殊メイクを頑張るくらいなら、もっとやるべき事があったはず。

デッド・フライト』でも観て勉強して来い。

見どころ

■人間ドラマ
今作で見せたかったのは、おそらくこれでしょう。感染拡大という極限状態の中で、人間の本性が浮き彫りになる。本当に大切なものは何なのか?そして、その大切なものの為に、人として何が出来るのか?

まとめ

安いッ!!

やりたい事、見せたかった事は分かるけど、この作品の肩を持つ気はない。

何でもかんでもゾンビを出せばいいってもんでも無いけど…、いや、何でもかんでもゾンビが出てれば面白いんじゃね?

ちょっと想像してみ。あれにゾンビが出てたなら、これにゾンビが出てたなら…。

ほら、面白い

自己責任でどうぞ。

パンデミック・フライト
評価
★★★★
1.9
こんな人に
↓おすすめ↓

・ノーゾンビ

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします