映画「カットバンク」のあらすじと感想-ジョン・マルコヴィッチら豪華俳優陣が集結

カットバンク
出典:YouTube

スポンサーリンク

カットバンク

カットバンク」はリアム・ヘムズワース主演で、ジョン・マルコヴィッチやビリー・ボブ・ソーントンらのベテラン俳優も出演しているスリラー映画。

本作はマット・シャックマンの監督デビュー作で、2014年エドモンド国際映画祭観客賞を受賞した作品となっています。

あらすじ

モンタナ州カットバンクの穏やかな町で、ある日、郵便配達人ジョージーが射殺される。

現場を目撃したのは町に住むドウェインとカサンドラの若いカップルのみ。

しかし、郵便配達トラックとともに死体は消え、残されたのはドウェインが偶然撮影した動画だけ。

それもそのはず、事件は病気の父を抱え困窮するドウェインとジョージが仕掛けた偽装殺人だったのだ。

2人は事件をきっかけに首尾よく情報提供の報奨金を手にし、町を出ていくはずだった。

ところが、事件に執着する町一番の変わり者ダービーが動き出したことで、誰もが予想だにしなかった連続殺人事件が幕を開ける…。

キャスト

監督:マット・シャックマン
製作:エドワード・ズウィック/ミッキー・バロルド/マーク・マニュエル/テッド・オニール/ダン・コーエン
脚本:ロベルト・パティーノ
撮影:ベン・リチャードソン
美術:ローラ・フォックス
編集:クレイグ・ウッド
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:リアム・ヘムズワース/テリーサ・パーマー/ジョン・マルコヴィッチ/ビリー・ボブ・ソーントン/ブルース・ダーン/オリバー・プラット/マイケル・スタールバーグ
レンタル日:2016年7月2日

見どころと感想

出典:YouTube

こういう映画ってパッと見 面白そうな感じするじゃん?出てる役者もいいから尚更そう思える。

勿論、どうせ観るなら面白いに越した事は無いし、撮ってる方だってあえて詰まらない映画を撮ろうとは思わないだろう。

では、なぜこの映画は詰まらないのか?

そんなん知らねー

詰まらんもんは詰まらんのよ。

まぁ結局ところ、出てる役者が誰だとか、監督は誰がやってるとか、演出やカメラワークがどうのこうのとか、そういうのって関係無いんだろうね。

だって、ラーメン食いたい時に、そばやうどんを食っても そりゃ違うよね。

って訳で、観るタイミング間違えたんだろうね。多分。

見どころ

■テリーサ・パーマー
そこまで好きな娘って訳でも無いんだが、この際しょうが無い。しかし可愛い事には変わりは無いし、職場に居たなら告ってしまうだろう。言葉の壁が心配だ。

まとめ

しょうも無ぇわ…。

思うにタランティーノとかが監督やってたら、もしかして超面白くなったかも知れない。みたいな事が鑑賞中に頭をよぎって行きました。

自己責任でどうぞ。

カットバンク
評価
★★★★★
2.0
こんな人に
↓おすすめ↓

・つ…付き合って下さい

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします