映画「シン・ゴジラ」あらすじと感想-過去最大の大きさのゴジラとは?

シンゴジラ
出典:公式サイト

今回映画レビューする作品は現在劇場公開中の作品「シン・ゴジラ」です。

まずは作品情報からどうぞ。

スポンサーリンク

シン・ゴジラ

シンゴジラ」はアニメ「エヴァンゲリオン」の庵野秀明と実写版「進撃の巨人」の樋口真嗣が監督を務めたSF映画となっていて、本作は日本初のフルCGで作られた”ゴジラ“作品です。

ゴジラとは?

1954年に第1作目となる「ゴジラ」から始まり、日本では昭和シリーズ15作、平成シリーズ7作、ミレニアムシリーズ6作の合計28作も作られた人気シリーズとなっていて、今回のシン・ゴジラで第29作目となる作品です。

他にもローランド・エメリッヒ監督の「GODZILLA」とギャレス・エドワーズ監督の「GODZILLA/ゴジラ(2014)」の2作品がハリウッドで映画化されています。

また初代ゴジラの体長は50mだったのだが、時代が移り変わると共に街並みが変わるので、ゴジラの体長も作品を重ねるごとに大きくなっており、シン・ゴジラでは過去最高の118.5mとなっています。

あらすじ

東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生する。

首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂が海中に潜む謎の生物が事故を引き起こした可能性を指摘する。

その後、海上に巨大不明生物が出現。

さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。

政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、”ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが…。

キャスト

監督:庵野秀明/樋口真嗣
出演:長谷川博己/竹野内豊/石原さとみ/高良健吾/大杉蓮/柄本明/余貴美子/市川実日子他
時間:119分
公開日:2016年7月29日
製作国:日本

予告動画集

■予告1

出典:YouTube

見どころと感想

あッ!?やっべ、メガネ忘れたわッ!!

普段、仕事とゲーム以外はメガネをかけたり かけなかったり、お出かけの時なんかほぼほぼかけない、見えてない。

その日は映画を観る予定では無かったけれど、話の流れで『シン・ゴジラ』行っとく、的な?

行って参りました、ショボついた目で鑑賞して参りましたよ

いや~、これ洋画じゃなくて良かったですよ。マジで字幕読めないですからね、日本版ゴジラで良かったわ。

え~、こちら通常版と4DX版と御座いますが、どちらでご鑑賞されますか?」なんて映画館の人に聞かれてみたりしてね。

え?じゃあ4DXの方が良くね?

やだよ、画面に集中出来ないじゃん

・・・じゃあ、普通で

チィ、ノリ悪ぃな、とか内心、思ってみたりしてね。またしても人生初の4DXはお預けという運びとなりました。残念。

東京に突如現れた巨大生物、勿論 街は大パニック。100人以上の死者、行方不明者を出し政府の対応が急がれる中、ヤツはノッシノッシと歩いて行く。

一体、何が目的なんだ?

そしてどこへ向かっているんだ?分からん。分からんが なかなかいい感じなんじゃないか。作品全体の流れ、テンポの良さ、カット割りの斬新さなどなど、物語の序盤から観客をグイグイ引き込む巻き込まれる。

やるじゃないか、庵野

でもさ、エヴァはどうした?ゲリオンはいつになったら観れるんだ?今作『シン(新?真?)・ゴジラ』を観ながらそう思ってしまったのは俺だけでは無いはず。

街を破壊しながら都心へと北上するゴジラに対して、自衛隊の出動「ヤベェ、ヤベェ、全面協力だ!超カッケェ!!」。だがしかし、奴の歩みは止まらない「んなもん、効くか」と言わんばかりにノッシノッシとひたすら歩く。そして出ました、米軍出動!ガチ爆撃!!これは堪らん、流石のゴジラもイラッと来たのか遂にアレを使う時が来た。

喰らえ!放射熱線!!

ピィーーーッ!!

チュドーーーンッ!!

す、すっご…

東京の街がゴジラによって焼かれていく「いいぞ、いいぞ、もっとやれ」奴がその気で破壊しまくっているのかどうかは分からないけれど(多分、ちょっと邪魔だったから壊してみただけだと思う)、日本にとって、人類にとっては驚異そのもの。

さあ、どうする?どうするんだ日本?どうするんだ人類?果たして彼らに《荒ぶる神》を止める手立ては残されているのかぁッ!?

面白いよーーーン

劇場で観て良かったわ。メガネ忘れたけどね。

見どころ

■ゴジラ
ゴジラを観に行ったんだから奴を見ずして何を見ると言うのか?って訳でゴジラです。

フォルムは昔ながらのみんなが知ってるゴジラのそれ。「そうそう、これこれ」って感じですね。カッコいいと思いますよ。特に引きのカットだと、背中から尻尾へのラインが非常に美しく画になります。

赤を入れてきたのも俺的にはナイス。顔もイケメンだし全体的に満足いくゴジラでしたね。

ただね、あえてケチ付けるならね、腕がちょっとダサいと言うか、もっとムッキムキでも良かったんじゃね?

まとめと評価

俺の世代のゴジラと言えば『ゴジラvsビオランテ』。申し訳ないんですけれど全く内容を覚えていません。子供だった為、怖かった記憶しかありません。その後もゴジラという作品に触れる機会が少なく、大して知らないまま大人になってしまいました。

なので、ゴジラへの思い入れは ほぼ無いってのが正直なところです。そう、俺はニワカなんですよ。だからね、ぶっちゃけね、楽しめるかどうか不安だったんですよね。だって全然ゴジラの事知らないからね。

でも、そんなん全然関係なかったですね。超面白ったですよ。逆に変な先入観無しで観れたのが良かったのかも知れませんね。

ってな訳で今作の感想はこんな感じです。よかったら劇場でどうぞ。

シン・ゴジラ
シンゴジラ1 評価
★★★★
4.0
こんな人に
↓おすすめ↓

・俺も熱線吐いてみたい

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします