映画「マネーショート 華麗なる大逆転」のあらすじと感想-リーマンショックの裏側とは?

マネーショート
出典:公式サイト

スポンサーリンク

マネーショート 華麗なる大逆転

マネー・ショート 華麗なる大逆転 」はマネーボールの原作者マイケル・ルイスのノンフィクション作品「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」が原作となっていて、クリスチャン・ベール、ライアン・ゴズリング、スティーヴ・カレル、ブラッド・ピットら豪華俳優陣が集結し、リーマンショックの裏側でウォール街を出し抜いた4人の男たちを描いた実話に基づいた映画。

また第88回アカデミー賞では「脚色賞受賞」した他、「作品賞」「監督賞」「助演男優賞」「編集賞」の4部門にノミネートされた作品で、エンパイア賞やゴールデングローブ賞など数々の賞に受賞/ノミネートされた作品です。

あらすじ

– 語られることの無かったリーマンショックの真実の物語 –

2005年のアメリカ。

金融トレーダーのマイケルは、サブプライムローンの危機を摘するもウォール街では一笑を買ってしまい、「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引で出し抜いてやろうと考える。

同じころ、銀行家ジャレドがマイケルの戦略を知り、ヘッジファンドマネージャーのマーク、伝説の銀行家のベンらを巻き込み…。

キャスト

原作:マイケル・ルイス
監督:アダム・マッケイ
脚本:チャールズ・ランドルフ/アダム・マッケイ
製作:デデ・ガードナ-/ジェレミー・クライナー/アーノン・ミルチャン/ブラッド・ピット
製作総指揮:ルイーズ・ロズナー=マイヤー/ケヴィン・メシック
音楽:ニコラス・ブリデル
撮影:バリー・アクロイド
編集:ハンク・コーウィン
出演:クリスチャン・ベール/スティーヴ・カレル/ライアン・ゴズリング/ブラッド・ピット
製作会社:リージェンシー・エンタープライズ/プランBエンターテインメント
配給:パラマウント映画/東和ピクチャーズ
レンタル日:2016年7月6日

見どころと感想

出典:YouTube

んん…、俺には難し過ぎるな

株?空売り?住宅市場の破綻?はぁ…、よう分からんわ。

今作は実話に基づいた作品で、2008年のリーマン・ショックのお話です。難しい言葉が飛び交い、テンポも非常に早いので、「今のどういう事?」って考えてるうちに、ドンドン置いて行かれます。

まぁ、考えても良く分からないから、俺の脳みそは早々に考えるのを止めたらしく、何となくボケ~っと観てたら コレが全然面白いんだわ。あら不思議。

出演している俳優陣以外は全く興味の無い内容の今作。間違い無く退屈する筈だった今作を楽しめた理由はテンポの良さ。リズミカルで小気味良い台詞回しもそのひとつ。いかにも小難しそうな(“小”どころじゃ無いけどね)内容を取っ付き易く楽しめる作風に仕上げたのはお見事。

株とか経済とかに詳しい人、興味のある人は、相当 面白い作品なんじゃないかと思います。残念ながら俺には良く分からなかった。面白かったけどね。

見どころ

■ブラッド・ピット
なぜ、お前がこんな難しい映画に出ている?黙って真面目な顔してればインテリに見えるってか?

俺は騙されん

アホアホな おバカ映画に出ているお前の方が俺は好きだ。ところで『ワールド・ウォーZ』の続編が来るってマジなん?超〜観てぇ!!!!

まとめ

日頃、アクション映画ばっか観てる脳筋にはつらい内容です。俺は違うけどね。

株とか そっち系 詳しい人向けの映画ですが、観ればリーマン・ショックの事がなんと無くでも分かるので、観ておいて損はしない筈です。

尺は2時間ちょっとありますが全然退屈しなかったので、分からないなりにも楽しめたんだと思います。

よかったらどうぞ。

マネー・ショート 華麗なる大逆転
評価
★★★★★
2.8
こんな人に
↓おすすめ↓

・インテリ

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします