映画「イット・フォローズ」のあらすじと感想-デビッド・ロバート・ミッチェルが放つホラー

イットフォローズ
出典:YouTube

スポンサーリンク

イット・フォローズ

イット・フォローズ」は長編作品2作目の新鋭デビット・ロバート・ミッチェルが監督・脚本を手掛け、ザ・ゲストのマイカ・モンローが主演を務めたホラー映画。

本作は各国の映画祭で高い評価を獲得した作品で、各著名人からの絶賛のコメントが多くクエンティン・タランティーノも絶賛するほどの作品となっている。

あらすじ

ある男と熱い夜を過ごす19歳のジェイだったが、彼は突如として彼女を椅子に縛り付けて奇妙な告白をする。

それは性行為をすることで、他の者には見えない異形を目にするようになり、彼らに捕まると殺されてしまう怪現象を相手にうつすことができるというものだった。

更に、その相手が異形に殺されたら怪現象は自分に戻ってくるという…。

キャスト

監督・製作・脚本:デビッド・ロバート・ミッチェル
製作総指揮:ジョシュア・アストラカン
撮影:マイケル:ジオラキス
美術:マイケル・T・ペリー
編集:フリオ・C・ペレス4世
音楽:リチャード・ブリーランド
出演:マイカ・モンロー/キーア・ギルクリスト/ダニエル・ゾバット/ジェイク・ウィアリー/オリビア・ルカッルディ/リリー・ゼーペ
配給:ポニーキャニオン
レンタル日:2016年7月6日

見どころと感想

出典:YouTube

一体、何が追って来るんだッ!?

よー分からんが超怖ぇ…。

これ来たね。前から観たかったんですけど、ああああ…これ怖ぇよ。

大した事はやってないんですけど、”ただ何かが追って来る“ってだけで、これほどの恐怖を演出する事が出来るんですね。凄いわ。

性交渉で人から人へ移る その何かは、ゾンビや いかにもっていうモンスターような類では無く、見た目はただの人間(普通じゃ無いけど)。そしてその姿は移された人間(移した人間もか?)にしか視認 出来ず、取り敢えず逃げるしか無い。

かなり意味不明で もうちょっと説明してよって感じですが、とにかく怖い。絵面がザワザワ、ゾクゾクする。

これ、子供の時に観たらトラウマ級だわ

何がそんなに怖いかってね。見た目ちょっと怪しい人間がね、ただ”歩いて“追って来るんだわ。猛ダッシュとか突然 現れるとかじゃ無いんだわ。ただ”歩いて”ジリジリと距離を詰めて来る。この絵面が何とも言えず怖い。

今作はドーン!バーン!とただデカい音でビビらせる、安いホラーではありません。背筋がゾクゾクするような、鳥肌がザワザワ立つような、まさに俺好みのイケてるホラー映画です。

見どころ

■追って来る何か
結局、何だったんだろう?追って来る理由や発生源やらの説明が無い。訳が分からん。だがしかし、そんな投げっ放しもホラー映画なら許される。

色々な人間(感染者に関係のある人間?)に姿を変えて追って来るところを見ると、それなりに理由付けや設定が存在しそう。劇中、提示されている情報から考えてみるのも面白いかも知れない。

まとめ

非常に楽しめました。俺は大満足です。

洋画のホラー映画はお国柄が出てしまって、日本人にはいまいちピンと来ないって作品が多いですが、今作は当たりですね。日本人が好むゾクゾク系のホラーに近い感じなので、ドーン!バーン!ぎゃー!!に飽きた人には特にオススメしたいです。ビビリな方は要注意。

気合い入れてどうぞ。

イット・フォローズ
評価
★★★★★
3.9
こんな人に
↓おすすめ↓

・私、追われる方が好き~。

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします