映画「ビューティー・インサイド」あらすじと感想-ハン・ヒョンジュら豪華俳優が集結したラブ

ビューティーインサイド
出典:公式サイト

今回映画レビューしていく作品は「ビューティー・インサイド」です。

まずは作品情報からどうぞ。

スポンサーリンク

ビューティー・インサイド

ビューティー・インサイド」はカンヌ国際映画広告祭でグランプリを受賞した、インテルと東芝によるソーシャルフィルム「The Beauty Inside」を原案に映画化されたファンタジックラブストーリー。

また本作は第36回青龍映画祭4部門(女優主演賞、撮影・照明賞、音楽賞、編集賞)にノミネートされたこともあり話題になりました。

監督はCMディレクター出身のペクが務め、ハン・ヒョンジュ、ユ・ヨンソクをはじめとすと豪華俳優陣に加え、日本からは「のだめカンタービレ」の上野樹里も出演している作品となっています。

あらすじ

ウジンは18歳を境に、目覚めると年齢や性別、国籍を問わず、それまでとは全く異なる外見に変化する奇妙な運命を背負うことになる。

一人の人物としてのルックスが定まらない彼は、インターネットを駆使して家具デザイナーとして働いていた。

ある日、ウジンは家具店で働くイスを見初め、毎日一見の客のフリをしてその店に通い詰めるが…。

キャスト

原題:The Beauty Inside
監督:ペク
出演:ハン・ヒョンジュ/パク・ソジュン/上野樹里/イ・ジヌク/キム・ジュヒョク/ユ・ヨンソク/キム・デミョン他
時間:127分
製作国:韓国
レンタル日:2016年8月2日

見どころと感想


出典:YouTube

皆さん、今の自分を気に入ってますか?今の自分で満足出来てますか?

おそらく多くの人の答えはNOでしょう。

俺もです

よほどの自分大好きナルシストでも無い限りは、自分の嫌な部分、ダメな部分を自覚しています(自覚していない部分の方が遥かに多いですが)。そして時には別の誰かになってみたい、自分では無い人生、自分では出来ない人生を歩んでみたいと、そう思うのです。

俺ならジェダイになってみたい

でも、どうでしょう?ちょっと考えてみて下さい。パッとその時、他の誰かになれたとしても、そこまでの人生の積み重ねが無いですからね。大して魅力のない、奥行きを感じない人になってしまうかも知れませんね。

今作は、決して本人が望んだ事では無いけれど、朝、目が覚めると他の誰かになっている、年齢、性別、お構い無し、オッさん、おばさん、イケメン、クソガキ、上野樹里…。そんな誰でも無い、自分には全く関係のない誰かになってしまう一人の青年の物語です。どうですか、これ?目が覚めたらハゲのオッさんになってたらさ、流石に凹むわ…。

家具のデザイナーをしている主人公は、朝、目が覚めると(朝と言うよりは、深い眠りから覚めると)、自分には全く関係の無い、別の人間の姿に変わってしまっていると言う特異体質の持ち主。18歳の誕生日の朝からこの現象は始まって、毎日毎日、別の人の姿で生きて来た。

これはね、非常に大変だと思いますよ。中身は自分のままでも外見は全く別人ですからね。本人はまだ良くても周りの人間が困っちゃいますよね。

お前は誰だ?

インターネットを使い、他人と顔を合わせないようにしながら生計を立てていた彼は、ある日 立ち寄ったアンティークの家具店で一人の女性と出会う。

出た、一目惚れパターン

そして彼は自分の容姿がイケメンの姿に変わったのをいい事に、美人家具店員に猛烈アタックを開始する。

ふむ、ちょっと姑息だが責める気は無い、俺もそうする

コメディ、シリアス、感動、三拍子揃った、かなり良質のラブ・ストーリーで、女性は勿論、野郎が観ても楽しめる作り。久し振りに当たりが引けたぜ‼︎

見どころ

■ハン・ヒョジュ
超ぉ~綺麗。こんな綺麗な人にね「いらっしゃいませ、どのような家具をお探しですか?」なんて声かけられたらね、別に要らないんだけど椅子とかテーブルとか無駄に買って来そうで、そしてついでに告ってしまいそうで怖い。その椅子に座りながらね、告る練習なんかしたりしてね。

■上野樹里
ほんとチョイ役。実は上野樹里目的で見始めたのでマジがっかりしたわ。主人公が日本人女性の姿に変わってしまう時の役ですね。もうちょっとストーリーに絡んで来て欲しかったってのが本音ですが、まぁしょうがないですね。

まとめと評価

久し振りの韓流ラブ・ストーリーでしたが非常に良かったです。テーマやメッセージ性も分かり易いところで好感が持てました。

飾り立てた容姿では無く、本当の自分、本当の気持ちで相手に接する。

大切な事だと思います。

はい、って訳で今作の感想はこの辺で。よかったらどうぞ。

 

ビューティー・インサイド
評価
★★★★★
3.8
こんな人に
↓おすすめ↓

・新しい座椅子が欲しい

動画配信サービスはこちらからどうぞ
>>動画配信サービス一覧

ブログランキング

ブログランキングに参加中なので、訪問時に下の「映画ブログ」のバナーを1ポチっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします